最後の最後に浮かび上がる長調☆  ショスタコーヴィチ

史上、1970年以降に作曲の交響曲中、最も演奏頻度が高いんじゃないかな☆

KitajenkoShostakovichComp.jpg

ショスタコーヴィチ Dmitri Shostakovich (1906-1975)
交響曲第15番イ長調 作品141 Symphony No.15 in A major Op.141 (1971)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Gürzenich-Orchester Köln
ドミトリー・キタエンコ (指揮) Dmitrij Kitajenko (conductor, 1940-)
カプリチオ Capriccio 49 545 (12SACDs, 2004)

第13番以降、完全なる独自路線というのでしょうか
当時のソ連中央はもう「この人だから」という感じで放っておいたのかな
そしたら第15番みたいのが出て来ちゃったみたいですね

演奏時間は(7:58/16:03/4:33/17:09//45:43)と、結構巨大なものですが
(第3楽章が4分33秒というのが気が利いてる)
音の鳴り方がもう、この人独自とでも言えるでしょう
遂にたどり着いて「しまった」音の世界が繰り広げられています
大音響は殆どありませんが、「やりたいことをやっている」感が伝わる

伝統的な4楽章というよりは
私的には第1、第3楽章がスケルツォに聞こえます
木管を用いた「狂気の盛り上がり」みたいなのはなく
「あるがままを置きました」という自由な姿がそこにある

有名な「ウィリアム・テル」の引用なんか、モロにわかりますが
子供の頃に気に入った音楽が、年齢を重ねて
ショスタコ的洗練を究めると、この曲のようになるのかな

私も初めて印象に残ったクラシック音楽って
「ウィリアム・テル」序曲なんですが
仮にこれから年食った後も、この第15番のような響き方をするのかどうか
楽しみではあります

キタエンコ指揮ギュルツェニヒの音ですが
全集の全体的な方針だと思うのですが「暖かい」感じがしますね
全合奏箇所の極めて少ないこの曲のソロの箇所も
侘しい感じが漂って来はするものの、孤独な気分にはならないかな

全体的に、打楽器は非常によく聞こえます
第4楽章結尾の箇所も、小太鼓が小気味よく入って来る
各楽器のほの暗い独白を45分間耳にした後
最後の最後で金属打楽器が長調の「枠」を形成するのが救いになっています
私なんかはホッとしてしまいましたね☆

知識はどこで得たか☆

さて、今年でClassical聴楽趣味も38年目を迎えております。
38年間というのは、生まれてから今までやってみたどんなことよりも
日常生活、仕事も一切合切含めて、より長い期間です
こんな良い趣味を持てて良かったなとは思いますが
これに関する知識も膨大なものになっています

知識はどこから仕入れたのかな、やっぱ書籍か
作曲家、作品に関しては音友社の名曲解説全集(1979)かな
曲毎に区切れば、短編小説集みたいで面白いんですよね
交響曲編は3冊全部、管弦楽曲編は近代に入る第3第4巻を所持
上手く書かれた解説は、たとえ音なしでも面白いんだなこれが☆

もう一つ属啓成氏の「名曲辞典」(1969)も良かった
図書館で定期的に借りて来ては、穴が開くような熟読でしたね
属氏は書き方が個性的で、これも読み物として楽しかったです

立風書房と学研から出ていた200CDシリーズも良かったですね
これは今でも何冊かボロボロのものを所持しております

クラシックの書籍は初心者向けと学術書の間を行くような
そんな読み物が少ない気がしますが
そんな中では青柳いづみこ氏の「ショパン・コンクール」(2016)は良かったなぁ
今後の日本人コンテスタントが持つべき資質とかにも
「さらりと」触れられていてよろしい
彼女の書籍は、クラシック音楽の現実リポートでもある
「ぼくたちクラシックつながり」も痛いところを突いていたと思います

会場の大気を斬る☆  バルトーク

この人の凄いところは、晩年になるほど
レパートリが面白い方向に拡がったというところですね
今回も、まさかバルトークとはという点がいい☆

BartokHarnoncourt.jpg

バルトーク Béla Bartók (1881-1945)
弦、打楽器、チェレスタのための音楽 Music for Strings, Percussion and Celesta
ヨーロッパ室内管弦楽団 Chamber Orchestra of Europe
ニコラウス・アーノンクール (指揮) Nikolaus Harnoncourt (1929-2016)

この曲の第1楽章の持つ「空気」が好きです
ほの暗い大気の中を弦楽器群が半音階的にうごめく
暗闇の中を何かが少しずつ動いている
そのことはわかるが、それが何かはわからない
弦の絡み合いはしばらく続く
闇はどこか不安な感じを与えはするが
次第にそれは、どことなくその中に息を潜めて隠れるような
そんな「くつろぎ」ももたらしてくれているような気がします

緩急緩急のスタイルで全4楽章
(9:09/7:49/8:05/8:07//33:10)
バルトークの意図した時間より約8分遅く
各種名録音より3から4分遅いです
実にじっくりと音楽を進行させています

ゆるやかだが不安定な弦
鋭く突き刺さる打楽器
これらが演奏会場の大気とぶつかり合うことで
相当な緊張感が生まれていることは確かですね

第3楽章の鋭い音は、木琴の音だそうですが
何となく歌舞伎の「き」の音を連想させます
ティンパニのグリッサンドとの組み合わせで
「何かの登場」を思わせるのも歌舞伎的な気がしますよ

ただ、この楽章の空気はやはり第1楽章につながる
ほの暗い、しかし不思議に一息つけるような趣があります

バルトークは、彼に特有の「民謡的要素の抽出」を
第4楽章でもごく瞬間的にしか出さず
その「出して来なさ加減」が実に「らしい」んですが
最後の瞬間、フルスピードで「要素」を見せて
会場の大気を斬って終わるのがニクいですね☆

音源管理ソフトを眺めつつ☆

我が庵の音源ライブラリですが
レーベル別だと、DG (Deutsche Grammophon)が圧倒的ですね
ジャケットの画像の数では196と、2位ECMが52、3位BISが28

基本的には、実際の点数ではありません
Collector's Editionの場合は、初出時のジャケットが入手可能の場合は
そちらを掲示することにしているので実際の点数は140くらいか
かなりちゃんと数えないと正確な数がわからない☆

しかし、オリジナルジャケットというのは盛り上がりますね
シノーポリさんのマーラー交響曲全集なんかだと
装丁はあのホルガー・マッティース氏なのかな?
(カラヤン翁のベートーヴェン数字ジャケットで有名)
マーラーのポートレイトが何となく曲の性格に合わせて
アレンジされているのが興味深い
第3番なんかは、青いネガになっています

SinopoliMahler3.jpg

ベト数字ジャケットは、現時点で
ネットでは上質のものが全部揃わないのが残念
私がクラシック聴楽趣味を意識し始めた(1979年)頃に
発売されたLPのジャケットでしたから
そりゃもう「いつか聴くぞ」という目標にもなったものでした
レギュラーLP1枚の値段が、月の小遣いの額を上回る頃
手に入らんと諦めつつ、広告を見るのが大きな楽しみだったな

統一感という点では、先日記事を書いた
バーンスタイン翁の全集もよいですね
こちらもCollectors' Editionを上手くタグ分けして
管理ソフト上では見栄えよくしてあります

BernsteinMahler3.jpg

それから、アバドさんのシューベルト全集の「田園」ジャケット群
これもなかなかによろしいものです☆

AbbadoDG47786671.jpg AbbadoDG47786675.jpg AbbadoDG47786672.jpg
AbbadoDG47786674.jpg AbbadoDG47786673.jpg

全てではありませんが、初出時ジャケットはいいものが多い
ジャケットが実際にある場合は
プリンタのスキャナで読み込んでいます
600dpiで取り込むと、何ともいえない質感で良いのです☆

まさに大演奏☆  マーラー

音楽が「大きい」としか言えない☆

BernsteinMahler2.jpg

マーラー Gustav Mahler (1860-1911)
交響曲第2番 ハ短調 《復活》 Symphony No.2 in C minor “Resurrection”
ニューヨーク・フィルハーモニック New York Philharmonic
レナード・バーンスタイン (指揮)  Leonard Bernstein (1918-1990)

って、何が大きいんでしょうか?
勿論、音楽が大きいと感じたのですが
音楽が「大きい」って何なのでしょうか?

音が大きいって、「当たり」です
この演奏はとにかく音の大きい箇所が印象に残り易い
終楽章よりも、第1楽章の展開部終わりの大太鼓と言ったらもう…☆
この大太鼓の打撃1発だけでも聴楽の価値があると思います

バーンスタインを聴いて来た人からみれば
「また復活聴いて興奮してるやつがいるな」という感じだと思いますが
まぁもう少し書かせてもらいましょう☆

スケールが大きいって、「当たり」かな
ここぞという箇所での旋律の歌わせ方に見られます
まぁこれら「大きい」に関する要素が全て組み合わさって
この録音の凄まじさが構成されているとしか言いようがない

クライマックスの鳴らし方が上手いですね
第5楽章は、合唱が始まると「じきに終わる」という印象がありますが
この演奏は、合唱開始後のテンションが、その前までだって
とんでもなかったのに、もうとにかく凄い

リッピングデータとしては、第5楽章が38分41秒と
シノーポリさんの37分33秒を超えている!
この演奏の桁外れのスケールは
第5楽章の演奏時間からも来ていると思われます

指揮者の思い描いた通りについてくるオーケストラも偉い
NYPにして成し遂げられたものであると言えるでしょうね

聴楽当日の私としましては、第1楽章展開部で打ちのめされ
第5楽章の開始に驚き、合唱開始後に更に驚きまくる
「まくりまくり」の展開に、聴楽後に、しばらく何もする気がおきませんでしたねぇ

すごいよ~☆

体感音楽☆  ドビュッシー

しかし、80年代のシノーポリは、いろんな曲をやってますね
90年代とは曲目の性格も全く違います
そこが面白いんですけどね☆

GiuseppeSinopoliDG4276442.png

ドビュッシー Claude Debussy (1862-1918)
《海》 La Mer
フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra
ジュゼッペ・シノーポリ (指揮) Giuseppe Sinopoli (1946-2001)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 427 644-2 (1988)

歌うべき箇所はたっぷりと歌うのは、ドビュッシーでも変わりません
演奏時間も(9:53/7:34/8:56//26:23)と長めなのがいい

描写音楽ではなく、「海」を目にしている聴楽子の「気分」を描く感じかな
しかし、聴楽機会を重ねるほど「海の気分」が高まりますね
丁度デッキから外海を眺める時の「気分」です

「海の夜明けから真昼まで」
「波の戯れ」
「風と海との対話」

しかし各曲のタイトルも上手くつけましたね
作曲の前におおまかなものがあったみたいですから
タイトルから想起される海のいろいろな要素
「色」「光線の当たり具合」「空との対比」「波と泡」「波の音」
これらをほぼ同時に器楽で表現しようとする
そのアイディアがアイディア倒れにならないところがよろしい

第1楽章で、チェロの合奏の箇所がありますが
シノーポリは、それを決然とは奏させていないですね
むしろ、朧げな繊細な感じに鳴らしています

全体的に管楽器が前面に出ない
微妙な音響の箇所が美しく聞こえます

ふわりとした感触を前面に出しつつ
最後の大団円は、金管とティンパニが鮮烈に出て
強烈な終止感を得られます

DebussyLaMer.jpg
1905年スコアの表紙

しかし、あくまで描写ではなく「体感音楽」なんですねぇ
比較的大きな船のデッキからリラックスして深い青の海を眺める
額には緩やかに風が当たって来る気分です

全力を込めるとはこういうことか☆  ショスタコーヴィチ

20年以上気になっていた演奏を、遂に聴楽しますた☆

BernsteinDG4276322.jpg

ショスタコーヴィチ Dmitri Shostakovich (1906-1975)
交響曲第7番ハ長調 作品60 《レニングラッド》 Symphony No.7 in C major Op.60 "Leningrad"
シカゴ交響楽団 Chicago Symphony Orchestra
レナード・バーンスタイン (指揮) Leonard Bernstein (1918-1990)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 00028942763227 (1988)

この曲の印象は、大(ネーメ)ヤルヴィによるところが大きいんだな
聴楽したのは確か1989年
第1楽章の畳みかけ方に大いに驚いて、感激した記憶が…☆
バースタイン盤は録音が同じ頃で、雑誌の特集でも取り上げられていたので
気にはなっていたのですが、当時駆け出しの社会人のお財布は…★
今回状態の良い中古盤を840円にてゲット、緊張してプレイボタンを押しました

冒頭部分ですが、ここを几帳面に運ぶ演奏が多い気がする
弦楽器群をカッチリと軽やかに「ター、ター、ター、タター、ター、タタートントコトン」
バースタイン翁、もう全然違う
強く重く引きずる感じで「ヴァーヴァーヴァーヴァヴァーヴァーヴァヴァードンドコドン」
あまり細かい指示をせずに、世界観をみっちりと伝えたかのような開始

これを否定しなければ、時間のゆっくりズムも気になりませんよ
私は楽器間の響きのぶつかり合いに惚れ惚れとしておりました

(25:30/11:03/17:03/15:18//68:54) ヤルヴィ
(31:43/14:54/19:25/18:51//84:43) バーンスタイン

その時間差実に15分49秒
第5の第1楽章がスッポリ入るような感覚でしょうか
第1楽章をあそこまで引っ張ったことで
第4楽章の盛り上がりに説得力が出ている気がします

第4楽章は、もともとが単純に盛り上がる楽章とはちょっと異なり
上手く演出しないと大詰めとそれまでの部分が分離してしまうというのかな
最後の大音響がとってつけたように聴こえてしまいがちになるかも知れない
バースタインは楽章の開始から終始テンションを高めの鳴らし方ですね
「重くくっきり」という珍しい形がここで出てきました
もう最後は、ただ思考を揺さぶられるのみということで☆

この豪壮な感じなんですが
最近ではちょっと聴く機会がレアになっている感じがする
ただ1回の演奏に、自分のプランを全て盛り込む
演奏というか、指揮者ってやっぱ大変な仕事だわ!

アッと言う間の16年☆   ストラヴィンスキー

もうすぐラトルのベルリンフィル最後のシーズンですな☆
定期の最後がマーラーの6番というのが、何というか、彼らしいな

RattleStravinskyWarner.jpg

ストラヴィンスキー Igor Stravinsky (1882-1971)
バレエ音楽 《春の祭典》 The Rite of Spring
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
サー・サイモン・ラトル (指揮) Sir Simon Rattle (1955-)

このCDは、EMIがなくなる寸前に出たと思いますが
そこら辺のドタバタで、不運にもあまり話題にならなかったのかな
(このCDがEMIラストレコーディングだったのかも)
販売店舗でも煽っていたようには感じませんでした

ラトルの録音自体、不思議にも殆ど持っていなかったので
中古店で未開封の状態のものを買って聴いてみましたが
これが「凄い」の一言

この曲で「ここをこうやって欲しい」というのが
おそらくは、全て実行されているような気がします
しかし徹底ぶりがハンパない、いろいろある中でも
後半の打撃11連発の所で
弦のアルコがここまではっきり聴こえるのは珍しい気が☆
超高度なレベルの模範演奏みたいな趣です
(到達が困難なレベルの模範って何だ?)

好き嫌いが分かれる部分はといえば、録音の特性によるものなのか
「あまり煌びやかな感じがしない」「色彩感は地味」かな
関係あるのかないのか、ジャケットもモノクロですし☆

不思議なことに、ラトルの録音には注意を払っていませんでした
EMIが嫌いなんてことはなかったのですが
「ラトル・ベルリンフィルなら凄くないことはないだろう」
という先入観が変な邪魔をしていた感じがしないでもない
そんなこと言っている間に、彼のベルリンでの仕事も殆ど終わりかけている

15年前、大いに期待してマーラーの5番を聴楽した記憶が蘇ります

彼の在籍期間は16年、アバドさんより4年多かったような気がしない
EMI - Warner間の混乱があったせいかは知らないけれど
この混乱に乗じたかのような
ベルリンフィルレコーディングズの配信への転換
なかなか頑張ったと言えるんじゃないかな
凄い凄いと言われて聴かなかった私が悪いんです(笑)
冷静にEMI-Warnerラインの録音も聴楽してみよう☆

第7を堪能する☆   ベートーヴェン

音の推進力って、こういうことを言うのか☆

BernsteinDG4317682.jpg

ブリテン Benjamin Britten (1913-1976)
4つの海の間奏曲 Four Sea Interludes
ベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第7番イ長調 作品92 Symphony No.7 in A major Op.92
ボストン交響楽団 Boston Symphony Orchestra
レナード・バーンスタイン (指揮) Leonard Bernstein (1918-1990)

バーンスタインは、聴楽趣味の上で初めて意識した指揮者でしたね
LPのベートーヴェン第5(NYP)は中学生の頃、本当に何度も聴楽した
そのせいか、この曲はどうしてもこの人のテンポで聴こうとしてしまいます
以降のこの曲の聴楽でも、バーンスタインより速いか遅いか
みたいな感じですよ

亡くなる2か月前のライブの演奏は、やっと先日聴楽しました
この頃だともう引退を公表していたのかな
72才、病気のことがあったとはいえ、やはりまだ早い
彼の前年に亡くなったカラヤンだって、81才だった
今だと81才なんて特別老齢って感じはしないよ

私にとっては、この2人が「ヒストリカル」です
レパートリが微妙に違っていて、2人合わせると
殆どの有名曲が聴けますね

さて、バーンスタインですが
鳴っている音楽を聴楽する限りでは、衰えとかは全く感じられません
私からすると元々「ゆっくり」という印象のある人なんで
晩年の録音にも、あまり抵抗がなくて
「堂々としていてよいじゃないか」なんて思ったりしています

メインのベートーヴェンですが、物凄い説得力を感じる
第1楽章の序奏部分の推移が胸にズンズン来る
主部のリズムの下準備とはいえ、大いに満足だなぁ
この楽章は演奏に16分かけていますね。大演奏だ

各楽章、比較的時間をかけて聴かせてくれるのですが
「時間がかかってるな」という感じがしない、このゆったりしたテンポが
速く演奏されがちな第7の仕組みをよくわからせてくれますよ
第3楽章も、短めの長閑なメロディが壮大な合奏になっていて
思わず微笑ましくなってしまうくらいです

第4楽章も、独特な推進力が楽章全体に漲っています
重量感がハンパなく、各パッセージは
これまた重厚な伴奏に乗りますから
これを繰り返されることの快感を感じるのですな

当然ながらもの凄い拍手です。聴楽前からこの録音に関しては
「遅い」「止まりそうだ」ということが書かれていることを知っていましたが
私は全くそうは思わなかったな
バーンスタインの最後のライブとか、そんな付加情報なんてなくても
いやぁ「いい演奏だぜ」と普通に自然に思うんですよねぇ☆

ブックレットの中の写真に
舞台袖に引き上げるバーンスタインの後ろ姿の写真があるんです
それを見て、やはりグッと来るものがありますよ☆

拍手なら120円☆

先日、音源ライブラリを充実すべくリッピングしておりました
可能であれば、BOXセットでも単売時のアートワークが
全点揃えられるのであれば、そちらを使うのですが
ある1点で、セットに収録されていない歌曲集があるのに気づきました

こういう場合、どうするかというと、海外のサイトを眺めつつ
配信での入手が可能かどうかを調べるのですが
幸運にも可能であることがわかりましたので
早速ダウンロードをと思い、更にあることに気づきました

しかし、配信だと各曲毎のダウンロードが可能というのは嬉しいですね
アルバムとして購入するよりも多少割高になりますが
私のように手の込んだことをしたい聴楽子にとっては好都合
歌曲集7トラックで\1320也
その歌曲集の枠の更にしたにもう一つトラックあるので見たところ
それは「Applause (拍手)」でした

ちょっと笑ってしまった。「Applause \120」ですからね
歌曲集の後ろの3曲と同じ値段だ。歌曲の立場は…恐るべし商業主義
私ですか、買いましたよその32秒の拍手
歌曲集の最後と空気が繋がっているのであれば
やはりゲットしておいた方がという判断になりました

AbbadoMahler4.jpg

アバドさんがベルリンフィルを指揮したマーラー交響曲集での出来事です
他の交響曲でも、拍手は\120のようです。第6番の拍手は1分1秒。
私が購入した第4番の拍手ももう少し長くしてくれたらなぁ
マイ相場で「拍手なら\120」という感覚が出来てしまいました☆
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR