第6交響曲の記憶 Part 3  プロコフィエフ

一筋縄では行かない曲ですが
自由に自分の物語を想像する包容力があると思います


kitajenkoProkofiev.jpg
Prokofiev (1891-1953)
Symphony No 6 in E flat minor Op 111
Gurzenich-Orchester Koln
Dimitrji Kitajenko
Phoenix Edition 135 (2007)

さて、この交響曲は、Prokofiev唯一の3楽章構成ですが
何かが欠けているのか、いろいろ考えることがあります
楽章毎に「気分提示」→「緩徐」→「スケルツォ」という感じで
雄渾な感じの終楽章を欠いているような気がします
ただ、この曲に関しては、「終楽章」は不要だと思っています

やはり二次大戦の暗い影が曲全体に拡がっていますが
第3楽章で、いろいろな感情が交錯し、釈然とせずに終わる…
Prokofievにもこういう曲があってもいいじゃないか、なんて思う…

楽章の開始から軽快な、喜遊曲風の主題です
主題自体は非常に明るいものだと思いますが
それを支えるハーモニーに何かが欠けていて
それがどうも「しっくり来ない」感じを与える

第2主題も、どこかに寂しさを湛えながら楽しげなリズムに乗り
何やら修学旅行に向かう賑やかな列車の中を想わせます
この辺り、独特の快速感に加えて
いかにもProkofievとしか言いようがない旋律線

ただ、何というのかな、楽章全体に
合奏というよりも、単独の楽器が発作的に目立つような気がする
第1主題のtimpaniや第2主題のtrombone(?)とか

明るくはなり切れないまま、楽章半ばのクライマックスへ…
ややヒステリックな爆発に、何か不気味なものを聴楽する
その後は、いそいそしたリズムを取りながら
音楽は少しずつ俯き加減になって行きます

つくづく戦争というのは?なものだな、と感じます
多くの人が死に、傷ついているのに、「勝った勝った」と紙ふぶき
「ふん、それが何だと言うのかい?」
そんな、人間に当然自然の感情に対してさえも
全体主義は警戒の網を張ってしまいましたね

第1楽章の第2主題を回想して、いよいよ曲は最後の「まとめ」へ
ただ、まとまりっこないんですよ。こんな歴史的状況ならば…
全曲でも最も力の籠った暗い大ファンファーレが2回
そして第1主題の暗く不気味で凶暴なリズムが再現
とても長調とは思えない不可思議な最後の和音…

戦勝パレードに浮かれ騒ぐ者の肩を叩いて
「調子良さそうだね。でもよく君の周りを見てみろよ」
そう言ってやりたいような、そんな気分を感じてしまいます

純粋に音楽として感じる、それはもちろん良いことです
でも、時にそうでない音楽もある。劇作品の改作を除いては
意外に表題性と縁のないProkofievの作品中でも
これはかなりの異例と言わざるを得ませんね

私自身の考えを自由に展開して、でもって聴楽する度に
いろいろな感慨を得られる作品です

コメントの投稿

非公開コメント

染さんへ

> 聴く度に…その時の気持ちで感想も変わる…そう思います。
> 同じ曲は、よく感じる事ですね。
> 色んな時々で聴いていきたい『音楽』ですね。

この曲は「このような気分で聴楽したい」と決めていても
気分というのは最も根底にあるものなので
その上に、新しく得た知識とか感覚とか
自由に組み合わせて、新しい気分に発展することもあります
それが楽しいんですね、趣味というのは…

No title

聴く度に…その時の気持ちで感想も変わる…そう思います。
同じ曲は、よく感じる事ですね。
色んな時々で聴いていきたい『音楽』ですね。
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR