FC2ブログ

聴楽記

Top Page › 雑記・日常 › トリビアルな日常の愉しみ3…超小型ドローンとか☆
2020-10-29 (Thu) 18:25

トリビアルな日常の愉しみ3…超小型ドローンとか☆

業務中にお客様を訪問した時に、よくある画なんだが
電話で話中のまま出て来るお客様が結構いるんだよね
よくドラマとかで見掛ける、受話器を首と肩に挟むスタイルだ
コードレス子機の人もいれば、ガラケーを器用に挟んでいる人もいる
さすがにスマホの人はいないよ
よほど口と耳が近くにある人じゃないと無理だよね
あ、赤ちゃんなら可能かも知れない…
まぁ赤ちゃんは普通電話しないけどな

私は今年で勤労者生活33年目なんだけど、前職は比較的電話の利用が稀だったし
(恥かかない程度のマナー本は読んでいたくらい)
現在も、業務の直接の進行に利用することは比較的少ない業界だと思う
だから、自身の職場で受話器を挟んで通話している人を殆ど見たことがないんだよね
初めてお客さんがそうしているのを見た時、幽かに感激してしまった☆
「おぉ、挟んでる~」みたいな

で、私は手渡すものがあるから、そういう人に遭遇してるんだけど
渡す時も電話機を挟んだまま受け取ったり、サインしたりしてるんだよね
「忙しさをアピールする人ってどこの組織にもいますよね」とか
「激務自慢っすか?」なんて発言したら大炎上必至だなとか妄想してしまう
もしかしたら、誰とも通話していないかも知れないし
まさか見ず知らずの私に「友達たくさんいるよアピール」もあるまいて…
こんな感じで「実際には発話しなかったリアクション」を蓄積していると
なんとも不思議な気分になるものだな

ここで、私はそういう「電話を首と肩に挟まないと仕事にならない人たち」のために
あると良いと思うものを考えた
それは、首と肩、更に手も使わずに通話するための小型ドローン
携帯の子機を乗せて飛行しつつ、使用者の顔面近くに静止飛行するという
こういうの便利じゃね?なワケねーか☆

doroon.jpg
ちょうどコードレス子機が乗りそうだ☆

一般家庭で利用する場合、興味にかられた猫や犬が飛び跳ねて
ドローンが墜落する可能性があることを否定できませんが☆
それから、顔面や頭部と接触して思わぬ怪我をするかも知れないな

静かな「ブーン」という音の中、業務している自分の画を想像してしまいましたよ
まぁ、本当に忙しい人は、電話自体を体内に埋設した方が賢明だと思うぞぉ☆
(そうなるといよいよ社畜3.0かも知れない)

通勤時の地下鉄車内での広告の中に
「お年寄りが重いものを持って移動するために、超低空を運搬飛行してお供するドローン」があった
もちろん、商品化されたのではなく、「こんなのがあったらいいな」という企業のPRだけどさ
バカらしいと思ったが、案外行けるかもね☆

最終更新日 : 2020-10-29

Comment







非公開コメント