スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壮大な空間と時間☆   ショパン

フィギュアスケートに使われる音楽に注耳するのは珍しいのですが
滑る人が人なだけに、思い切り注目しつつ耳を澄ましてしまいましたね


LarsVogtAviMusic85532674.jpg

ショパン Frédéric-François Chopin (1810-1849)
バラード第1番ト短調作品23 Ballad No.1 in G minor Op.23 (1835)
ラルス・フォークト (ピアノ) Lars Vogt (piano)
Avi-Music 8553267 (2013)
(かなり以前にタワーレコード新宿にて捕獲)

平昌五輪、フィギュアスケートSPで羽生結弦くんが滑る時
この音楽が流れていましてインパクトを受け、久々に聴楽しました
でもって「祝、金メダル獲得!」
フォークト氏の演奏は結構な重量級で
演奏時間も11:30と、この曲としては長大な方ですね
非常な集中力でこの時間を保持しています

結弦君が誰の演奏を使用しているのかわかりませんが
フォークト氏のテンポでは厳しいかも知れないな
ジャンプで5秒くらい滞空しないといけないかもw
(10回転ジャンプくらいに相当するのか?)

Yuzuru.jpg
冬季五輪2連覇達成の結弦くん

音像なんですが、ピアノくらいの規模の楽器で弾いている感じがせず
何か巨大な装置を使用しているのではないかと思うような
ずっしりとした手応えがあります

半ば辺りに長調の時間帯がありますが
前後に控える短調の部分との繋ぎ目が
ほぼ音が消え、静寂に至るその瞬間に次の音が生まれる来るようです

短調の世界が終ろうとするその瞬間
極めて微量な長調の成分が空間に溶け込んで来ますね
再び短調に戻る時には、その逆の過程が沁み込んで来る

8分台の演奏も少なくない中
よくぞこの時間をキープしたというか
元来私も、ゆっくりと流れる演奏が好みなので
(聴楽する曲の演奏時間が結構気になる方です)
重厚ではあるものの、リラックスした嬉しい聴楽タイムになりました☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

幸のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。