スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂々の強力パルティータ☆   J.S.バッハ

考えてみれば、ジャニーヌさんの録音は
協奏曲ばかりを聴楽していまして
独奏曲の盤を探してみましたら、これが出て来ました

JanineJansenBachInventions.jpg

J.S.バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750)
パルティータ第2番ニ短調BWV.1004 Partita No.2 in D minor BWV.1004
ジャニーヌ・ヤンセン (ヴァイオリン) Janine Jansen (violin)
デッカ Decca 475 9081 (2007)
(ディスクユニオン新宿にて捕まえた)

彼女のバッハ無伴奏があるとは思わなかったので
早速聴楽してみましたが、これは私好みの音響☆

(04:16) Allemande
(02:41) Courante
(04:01) Sarabande
(04:15) Gigue
(13:19) Chaconne

幾分残響が多めになっているような
若干ホワ~ンて感じになるような音が好きなんです
5曲全体を貫いているトーンは、「強めの音」で
スケールもなかなか大きく感じられる
今までの聴楽中では、比較的珍しいものですね

「スケール」はジャニーヌさんの協奏曲演奏のプランとも共通しているようで
こじんまりとはならず、その逆の大味になることもありません
高速なパッセージも全く危なげなく通過

密やかに謎めいて、という傾向ではなく
真正面から堂々と対面する迫力を感じる
シャコンヌの目くるめくようなハイスピードの楽句は圧巻で
しなやかに伸びていく一本の糸のようで、実に気分が良いのです
無伴奏の全曲録音が出るのを楽しみに待ちたいと思いますね☆

コメントの投稿

非公開コメント

木曽のあばら屋さんへ

こんばんは。そうです、これは実はInventions & Sinfoniasがメインですよね。かと言ってBWV.1004の方がオマケというのも変ですが。私も中古店で見掛けた時に「おぉ珍しい」とか思いました。こちらで見掛けるビオラとチェロの人は、時々名バイプレーヤー的に名前を見かけますね。

愛聴盤です

こんにちは。
この盤はパルティータもいいですが
インヴェンションとシンフォニアを
ヴァイオリンで弾いたものが好きで、よく聴きます。
ゴルトベルクやフーガの技法を弦で弾いたCDは多いですが、
インヴェンションとシンフォニアは他に出ていないと思うので、貴重ですね。
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

幸のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。