曲を自分のものにする☆  エルガー

一つの曲を何回も聴楽して理解していく
こんなことはこの趣味の最初の頃以来ですね。嬉しい☆

163.jpg

エルガー Sir Edward Elgar (1857-1934)
チェロ協奏曲ホ短調 作品85 Cello Concerto in E minor Op.85 (1919)
ソル・ガベッタ (チェロ) Sol Gabetta (1981-)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
サイモン・ラトル (指揮) Sir Simon Rattle (1955-)
ソニー・クラシカル Sony Classical 88985350792 (2014)

長いClassical聴楽趣味を継続中ですが
未聴楽の有名曲というのは、かなり少なくなっています
今回のエルガーの協奏曲は、超有名とまでは行かないと思いますが
数か月前の初聴楽で印象に残り、曲全体がどういう風なのか
印象が定着するまで聴き込みたくなった珍しい曲です

第1楽章で強奏される憂愁感漂う主題以外が印象に残るまでに
Maisky (DG, 1990) 「初聴楽」
Gastinel (Naïve, 2003)
Gabetta (RCA, 2009)
Weilerstein (Decca, 2012)
Gabetta (Sony, 2014Live)
5種類の演奏を経て、次第に曲の魅力に開眼して来ましたよ
ここ15年くらいは有名曲の聴楽の繰り返しでしたから
本当に今回のこの曲のような聴き方は最近珍しい

この曲はやはり近代以降の曲ですね
チェロ本来の音域で勝負している部分が多いわけじゃない
かと言って、尖った雰囲気をまとっているのでもないですが

演奏時間は以下の通り
(8:04/4:35/4:20/11:24//28:23) RCA
(8:20/4:35/4:54/11:24//29:13) Sony

昂っている時間は長くは続かず、すぐに弱音の独白に変わって行く
一番大きな音が鳴るのは第1楽章ですが
魅力は、続く各楽章の中にも多い
弱奏主体のスケルツォである第2楽章でも
聴楽して来た各奏者の個性が出ていましたね

でもって、第3楽章まで来ると
この協奏曲の核心は弱奏の箇所であることに気づき始める
第3楽章の主題の歌わせ方は、奏者にとっても
勝負所の一つじゃないかな
皆さん、主題の後半を消え入りそうな形にまとめています
もしかしたら最もいい楽章かも知れない☆

第4楽章も、盛り上がる展開かと思うものの
少しずつ沈静化していく
この過程がとにかく美しい
これに関しては、何度か聴かないと理解できませんでしたが
今では最高の聴き所として認識していますよ

Gabettaは、2009年の録音よりも解釈が洗練されているというか
細かいところを強調はせず、上手くまとめている感じです
弱奏の箇所の弾き方は、一番さりげなくて気に入りました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR