先輩大作曲家が透けて見える☆  ベートーヴェン

前回は「田園」ネタだったので、今回はその一つ前の作品で☆

JanWillemdeFriendBeetovenCompSyms.jpg

ベートーヴェン Ludwig van Beethoven (1770-1827)
交響曲第5番ハ短調 作品67《運命》 Symphony No.5 in C minor Op.67 “Fate”
ネザーランド交響楽団 The Netherlands Symphony Orchestra
ヤン・ヴィレム・ド・フリエンド (指揮) Jan Willem de Vriend (1962-)
チャレンジ・クラシクス Challenge Classics CC72550 (6SACDs)

勿論、このCDセットに“Fate”なんてどこにも書いてありませんでしたが
公文書じゃあるまいし、こういう風にしといた方が面白いかなと☆
(アーノンクールの全集には書いてあった)
音友社の名曲解説全集には「運命」の有名な逸話がありますね
He told that fate knocked the door as follows. BangBangBangBaaaaaaaang. (適当)
さすがに最近は言わなくなったか

「ならばテンペストを読め」の《テンペスト》の話はどうなのか?
最近はどうしてこの種の話が聴かれないのか
こういう話を集めた本があると面白いんだが…☆

最近は、ピリオド系のベートーヴェンに慣れて来たこともありますが
今回の演奏がとりわけ速いとは感じないですね
(6:36/8:29/4:46/10:01//29:52)
しかし、聴楽して気づかされることといえば
やはりベートーヴェンの生きた時代は
ブラームスやマーラーの時代とは全くかけ離れた
ハイドンやモーツァルトに繋がる頃だったということです

聴いていて、瞬間的には「モーツァルトの曲か?」と思いそうになることもある
弾いているのは紛れもなくベートーヴェンなのに
弾き方を工夫することで彼の曲は
ハイドンやモーツァルトが透けて見えるようになっている
不思議だ…☆

演奏はとにかく機動性を第1にした感じか
スケール云々よりも、きびきびした響きを前面に押し出しています
第2楽章なんかでは「あ、ここでティンパニは叩いてんのか」とか発見も多いです☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR