最後の最後に浮かび上がる長調☆  ショスタコーヴィチ

史上、1970年以降に作曲の交響曲中、最も演奏頻度が高いんじゃないかな☆

KitajenkoShostakovichComp.jpg

ショスタコーヴィチ Dmitri Shostakovich (1906-1975)
交響曲第15番イ長調 作品141 Symphony No.15 in A major Op.141 (1971)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 Gürzenich-Orchester Köln
ドミトリー・キタエンコ (指揮) Dmitrij Kitajenko (conductor, 1940-)
カプリチオ Capriccio 49 545 (12SACDs, 2004)

第13番以降、完全なる独自路線というのでしょうか
当時のソ連中央はもう「この人だから」という感じで放っておいたのかな
そしたら第15番みたいのが出て来ちゃったみたいですね

演奏時間は(7:58/16:03/4:33/17:09//45:43)と、結構巨大なものですが
(第3楽章が4分33秒というのが気が利いてる)
音の鳴り方がもう、この人独自とでも言えるでしょう
遂にたどり着いて「しまった」音の世界が繰り広げられています
大音響は殆どありませんが、「やりたいことをやっている」感が伝わる

伝統的な4楽章というよりは
私的には第1、第3楽章がスケルツォに聞こえます
木管を用いた「狂気の盛り上がり」みたいなのはなく
「あるがままを置きました」という自由な姿がそこにある

有名な「ウィリアム・テル」の引用なんか、モロにわかりますが
子供の頃に気に入った音楽が、年齢を重ねて
ショスタコ的洗練を究めると、この曲のようになるのかな

私も初めて印象に残ったクラシック音楽って
「ウィリアム・テル」序曲なんですが
仮にこれから年食った後も、この第15番のような響き方をするのかどうか
楽しみではあります

キタエンコ指揮ギュルツェニヒの音ですが
全集の全体的な方針だと思うのですが「暖かい」感じがしますね
全合奏箇所の極めて少ないこの曲のソロの箇所も
侘しい感じが漂って来はするものの、孤独な気分にはならないかな

全体的に、打楽器は非常によく聞こえます
第4楽章結尾の箇所も、小太鼓が小気味よく入って来る
各楽器のほの暗い独白を45分間耳にした後
最後の最後で金属打楽器が長調の「枠」を形成するのが救いになっています
私なんかはホッとしてしまいましたね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR