会場の大気を斬る☆  バルトーク

この人の凄いところは、晩年になるほど
レパートリが面白い方向に拡がったというところですね
今回も、まさかバルトークとはという点がいい☆

BartokHarnoncourt.jpg

バルトーク Béla Bartók (1881-1945)
弦、打楽器、チェレスタのための音楽 Music for Strings, Percussion and Celesta
ヨーロッパ室内管弦楽団 Chamber Orchestra of Europe
ニコラウス・アーノンクール (指揮) Nikolaus Harnoncourt (1929-2016)

この曲の第1楽章の持つ「空気」が好きです
ほの暗い大気の中を弦楽器群が半音階的にうごめく
暗闇の中を何かが少しずつ動いている
そのことはわかるが、それが何かはわからない
弦の絡み合いはしばらく続く
闇はどこか不安な感じを与えはするが
次第にそれは、どことなくその中に息を潜めて隠れるような
そんな「くつろぎ」ももたらしてくれているような気がします

緩急緩急のスタイルで全4楽章
(9:09/7:49/8:05/8:07//33:10)
バルトークの意図した時間より約8分遅く
各種名録音より3から4分遅いです
実にじっくりと音楽を進行させています

ゆるやかだが不安定な弦
鋭く突き刺さる打楽器
これらが演奏会場の大気とぶつかり合うことで
相当な緊張感が生まれていることは確かですね

第3楽章の鋭い音は、木琴の音だそうですが
何となく歌舞伎の「き」の音を連想させます
ティンパニのグリッサンドとの組み合わせで
「何かの登場」を思わせるのも歌舞伎的な気がしますよ

ただ、この楽章の空気はやはり第1楽章につながる
ほの暗い、しかし不思議に一息つけるような趣があります

バルトークは、彼に特有の「民謡的要素の抽出」を
第4楽章でもごく瞬間的にしか出さず
その「出して来なさ加減」が実に「らしい」んですが
最後の瞬間、フルスピードで「要素」を見せて
会場の大気を斬って終わるのがニクいですね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR