体感音楽☆  ドビュッシー

しかし、80年代のシノーポリは、いろんな曲をやってますね
90年代とは曲目の性格も全く違います
そこが面白いんですけどね☆

GiuseppeSinopoliDG4276442.png

ドビュッシー Claude Debussy (1862-1918)
《海》 La Mer
フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra
ジュゼッペ・シノーポリ (指揮) Giuseppe Sinopoli (1946-2001)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 427 644-2 (1988)

歌うべき箇所はたっぷりと歌うのは、ドビュッシーでも変わりません
演奏時間も(9:53/7:34/8:56//26:23)と長めなのがいい

描写音楽ではなく、「海」を目にしている聴楽子の「気分」を描く感じかな
しかし、聴楽機会を重ねるほど「海の気分」が高まりますね
丁度デッキから外海を眺める時の「気分」です

「海の夜明けから真昼まで」
「波の戯れ」
「風と海との対話」

しかし各曲のタイトルも上手くつけましたね
作曲の前におおまかなものがあったみたいですから
タイトルから想起される海のいろいろな要素
「色」「光線の当たり具合」「空との対比」「波と泡」「波の音」
これらをほぼ同時に器楽で表現しようとする
そのアイディアがアイディア倒れにならないところがよろしい

第1楽章で、チェロの合奏の箇所がありますが
シノーポリは、それを決然とは奏させていないですね
むしろ、朧げな繊細な感じに鳴らしています

全体的に管楽器が前面に出ない
微妙な音響の箇所が美しく聞こえます

ふわりとした感触を前面に出しつつ
最後の大団円は、金管とティンパニが鮮烈に出て
強烈な終止感を得られます

DebussyLaMer.jpg
1905年スコアの表紙

しかし、あくまで描写ではなく「体感音楽」なんですねぇ
比較的大きな船のデッキからリラックスして深い青の海を眺める
額には緩やかに風が当たって来る気分です

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR