未聴のフロンティア☆

音源ライブラリのタグ修正をしつつ
意外にも今まで聴楽していない曲のことを考えてみた
以下は、8月1日現在の未聴曲です


大物はこれだね☆
◆ドヴォルザーク 交響曲第9番 《新世界より》
私は打楽器好きなので、ティンパニ以外が加わるのが特に好きで
どうしても編成の上で古典派浪漫派が後回しになりがちですが
それでもブラームスなんかより全然未開拓度が大きいなぁ
ちなみに第7第8も未聴です。
ドボコンのみ不思議にも突出して大好きなのに☆
アントニンは、私の最後のフロンティアだな!

Dvorak.jpg

アントニンの写真なんだが、どことなくブラームスに似てるな
実際、ブラームスは彼が世に出られるように
紹介状を書いたりしてるし、実際親しい間柄だったとのこと
やっぱ先輩をリスペクトして似せているのかも知れない

◆メンデルスゾーン 交響曲第3番 《スコットランド》
名盤案内では紙に穴が開くほど読みましたが聴いたことがない
どんな曲かさっぱり見当がつかない
ラグビーのスコットランド代表とは全く関係ない感じの音楽だろうなぁ
あ、《フィンガルの洞窟》も未聴
無言歌はよく聴楽するのにね

◆モーツアルト 交響曲第41番 《ジュピター》
第40番はよく聴くんだが。
「フィガロ」の序曲も最後まで聴いたことはないな
聴いてないくせに「フィガロ」とか短縮してんじゃねーよ、なんてね☆

◆ハイドン 交響曲第104番 《ロンドン》
表題が具体的過ぎるかも
普通名詞「時計」「V字」とか抽象名詞「驚愕」に比して
どうもインパクトが弱い
例えばquietplace作曲、交響曲第3番《東京》なんて
いかにもな感じがしてなかなか聴く機会がないでしょう?



幸運にも、つい先日最後まで聴けた曲がありやした☆

◇ブラームス 交響曲第2番
完全未聴ではなく、いつも第1楽章の途中で挫折していたんだな
第1楽章がとてつもなく長く感じるんだけど、先日ついに聴了
殊勲はカラヤン指揮BPO盤(デジタル)
最後を思い切り盛り上げてくれて大拍手
やはり困ったらカラヤンかな☆

しかし正直なところ
第2番は4曲中でも音楽の起伏が少ない気がするね
私がメリハリの効いた曲向きなのかも知れないが☆

コメントの投稿

非公開コメント

ライムンドさんへ

こんにちは。人によって未聴曲がそれぞれにあることを考えることは面白いですね。室内楽や独奏などジャンルを細分化すると更に多くありそうですね。私なんかの場合はいわゆる「ヒストリカル」の指揮者は、ワルター以外(それでも聴楽したのはステレオのマーラー巨人のみです)は全員未聴になっています。

No title

こんばんは、有名曲でも全部は聴いたことがないという作品はあるものだと思います。自分の場合は協奏曲やピアノ曲に多くありました。ちょっと前まではラフマニノフのピアノ協奏曲第2番がそうでした。交響曲となると楽章が四つあるので、例えば新世界なら第2、4楽章が有名だとしても、LPを買うか公演にでも行かない限り全曲を聴く機会はあまりないはずです。
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR