若きロストロの爆走パフォーマンス☆   プロコフィエフ

ロストロ37才(指揮ロジェヴェン33才)の時のパワフル演奏!

RostropovichPraga250337.jpg

プロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)
交響協奏曲ホ短調 作品125 Symphony-Concerto in E minor Op.125 (1952)
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ (チェロ) Mstislav Rostropovich (1927-2007)
ロシア交響楽団 USSR Symphony Orchestra
ゲンナディ・ロジェストヴェンスキー (指揮) Gennadi Rozhdestvensky (1931-)
プラーガ Praga Digitals PRD 250 337-292P (1964年2月25日)

意外にも、何種類も出ているロストロのこの曲の聴楽は初めてです
youtubeの動画でも曲大詰めの超絶パフォーマンスが強烈ですが
全体を聴楽すると、更にその凄さが理解できます
てか、いやが上にも理解させられてしまうって☆
やっぱ作曲者が彼に献呈しているということがいかに大きいことか!

指揮のロジェヴェンは実際に作曲者の葬儀に出席した中では
最後の存命者じゃないかな。今年86才
大ヤルヴィが出てくるまでは、プロコフィエフの管弦楽演奏を
一人で支えていたようなもんです。長生きして欲しいな☆

さて、強烈な上行音階で始まるこの曲ですが
ロストロが今回の演奏のテンポを決定すべく
オケよりも微妙に速く弾き
オケがそれに「オッ」という感じで合わせて行く
こういう箇所が結構ある
私はロストロのチェロ演奏をまだあまり聴楽してませんので
どういうキャラだったのかは、今後の研究聴楽が必要です

録音時は、初演後10年ばかり経った頃
2月のソ連(現ロシア。一応若い人向けの注)って、ハンパなく寒いんだろうな
でも、チェロは火傷しそうに熱く疾走しているのであった!

演奏時間 (9:51/15:50/9:37//35:18)
10年ばかりのうちに、すっかり自家薬籠中の音楽だったんでしょうね
全編ぶっといチェロ、そして超快速
第2楽章の主旋律は思い切り歌い
楽章最後の超超速パッセージにもう大興奮
(ここはとにかく凄い。聴楽してみるしかない!)

快速で進むチェロですが
今までのチェロのイメージを覆すような曲ですから
瞬間的に、奇天烈な音が耳に残されます
私なんかは大喜びの拍手喝采なんですが
もしかしたら不機嫌になる人もいるかもなぁ…

ProkofievRostropovich.jpg

初演時の指揮者リヒテル(喧嘩して手を負傷、コンドラシンに稽古つけてもらう)は
練習時に新奇な音で、オケは爆笑していたとあります
ちょっと聞いてみたいなその爆笑☆
何でも初めてのものに対する反応ってのは、そんなもんかと思います

RostropovichProkofiev.jpg

実際にプロコはロストロと協議を重ねながらこの曲を書いているのですが
この時のやり取りを聞いてみたくなりますよ
強めに意見を戦わせながら、時々片方が折れてみる
そんな感じかな。しかしロストロ、説明不要の超絶技巧を持ち
作曲者といい勝負の強烈な個性のオーナーであるが故に
初めて務まった立ち位置なんでしょうね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR