ここぞとばかりのホルン大演奏☆   ブラームス

ゲルギエフのブラームスと聞いただけでも興味が大きいです
ロマン派をあまり遡るようなことはしない人ですが
この人流の展開はやっぱムチャクチャ面白いです


GergievLSOlive0733.jpg

ブラームス Johannes Brahms (1833-1897)
交響曲第1番ハ短調作品68 Symphony No.1 in C minor Op.68
ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra
ワレリー・ゲルギエフ (指揮) Valery Gergiev (1953-)
LSO ライブ LSO Live Lso0733 (2012)

交響曲全集に発展した録音ですが
発売当初の評判がイマイチだった記憶があるんですよね
確か演奏進行中に無音部分があったりして、良品と交換するとか
(店頭でも注意喚起の説明書きを見かけましたね)
とにかくツイてないなという印象がある録音です

録音は結構独特で、残響が少ないですね
LSOの本拠地バービカンセンターでの収録ですが
初めて録音における「デッド」とは何かがよくわかった気がします
響かないですね~
残響というものに普段から浸っている普通の聴楽子たちにとっては
かなり異色の響きに感じられたと思いますよ
(私だって一聴して驚いたくらいですから)

しかし…
だからと言って、演奏自体が?かと言えば、違う☆

第1楽章の展開部なんかは
「デッドな響きに敢えて挑戦」みたいな攻めの演奏ですよ
「この楽章こんなに熱い音楽だったかな」なんて
ある程度に熱い音楽だということは百も承知で
なおかつ今回、格別に熱い!何故だ?☆

冒頭からの音響に幾分か困惑した私でしたが
第2、第3楽章でもなかなかにハイテンションな演奏が続き
遂に迎えた第4楽章!

やってくれましたよホルン☆いかにデッドなバービカンも
このホルンの気合いの吹奏にはひれ伏さなければいけなかった
それくらい物凄い強さの音を響かせて
デッドな空間特有の、各楽器が全力でぶつかり合う生々しさもあり
もう笑ってしまうくらい気分が爽快になってしまう

一つの楽器の轟音に回りも目を覚ましたように鳴り出す
ここから一気の盛り上がりがハンパじゃなくなったですよ

演奏時間は以下の通り
(16:58/9:51/4:53/17:20//49:02)
第1楽章が長めになっていますが、こういうやり方があるんだなと感心しましたね
終わらないで欲しい、とか思いましたもん☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR