瑞穂の国、バブル期の豪華企画☆   マーラー

月3回目の登板は今年初めてですね
所持CDのリッピングも取り敢えず終了してますから。ネタはあるんでがす☆


GiuseppeSinopoliDG4353822.jpg

マーラー Gustav Mahler (1860-1911)
カンタータ 《嘆きの歌》 Das Kalgende Lied

シェリル・ステューダー (ソプラノ) Cheryl Studer (soprano)
ワルトラウト・マイアー (メゾソプラノ) Waltraud Meier (mezzo-soprano)
ライナー・ゴールドベルク (テノール) Reiner Goldberg (tenor)
トーマス・アレン (バリトン) Thomas Allen (baritone)
晋友会合唱団 Shin-Yuh Kai Chorus (関谷晋 Shin Sekiya 合唱指揮)
フィルハーモニア管弦楽団 Philharmonia Orchestra
ジュゼッペ・シノーポリ (指揮) Giuseppe Sinopoli (conductor)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 435 382-2 (1990)

久々に、人生初聴楽の曲でも行ってみよ~☆
この曲はマーラーの20才頃の作。初演までに紆余曲折があり〼

若き作曲者の「ベートーヴェン賞」応募作。審査員にブラームスがいた
1880年の話、日本は明治12年、西南戦争の後で中央政府は疲れ切っていた頃
結果→受賞せず。マーラー指揮者として生活して行くという流れ

3部構成。「森の童話」(27:38)「吟遊詩人」(17:43)「婚礼の曲」(19:32)
(時間はSinopoli盤に記載のもの)
初演は1901年。マーラーは第1部を削除して出版。第2、3部も初出版時は縮小
3部完全に初稿版を揃えての初演は何と1997年!
1990年録音の今回聴楽のSinopoli盤は何なのか?まぁ細かくは考えますまい☆

「ち、外れかよ~。とにかくは食って行かなければならんな!」てな感じか?
もし受賞していたら、まぁそれを考えるのも無粋ですね
筋書きは、ネットで拾ってくださいにしようかと思いましたが、一応私の超訳をば

〇それを先に見つけ出した者が王女を娶ることができる
ある兄弟がその花を探してやって来る
心の優しい弟が先に見つけ、安心して寝入る
妬んだ兄は、弟を発見、殺害する (森の童話)

〇吟遊詩人がある木のたもとで「骨」を見つける
それを楽器にして吹くと、音ではなく話し声が聞こえる
「私は兄に殺されたのです、あぁ悲しい」
吟遊詩人はそれを持って旅を続ける (吟遊詩人)

〇吟遊詩人は、王(兄)の婚礼の宴の中にやって来る
一つ芸をと笛を吹いたら、弟の声が聞こえて来る
全てのものが恐れおののき、暗澹とした状況となる (婚礼の曲)

基本、暗いっす
暗澹とした筋ではあるものの、粗筋を読んだだけでも、何となくの理解は可能でしょう
私は一応納得したいので「マーラー全歌詞対訳集」(国書刊行会)を眺めつつの聴楽です

最後の無常に繋がるべく、悲劇的な響きを強烈に放つ約65分
とにかくスケールがでかいし、強烈な音の塊をぶつけて来る感覚は
おそらくは第1よりも第2交響曲がフラッシュバックして来るでしょう
幾分荒っぽいとはいえ、20才の人間にこんなものが書けるのだろうか?
当時の20才は、今の日本の同年齢と比較するのは条件的に不可能でしょう
余計な情報に振り回されず、読書の時間も長かっただろうなぁ
(手紙とか書いても、返事は何日も後だっただろうし)
そうしていないと時間がもたなかったのかも知れない

面白いことに、歌手には特定の役割というものがありません
情景を歌ったり、台詞を歌ったり、一貫性も特にありません
仮に舞台を設定するとして、実体が必要なのは3人ですね
「兄(後の王を兼ねる。吟遊詩人の鳴らす笛が弟殺害の状況を奏でる)」
「弟(兄に殺される)」「吟遊詩人(狂言回し)」
遠回しにネタバレかも知れませんが、歌詞中で最も存在感の大きいのは
おそらく死んでいる時間の方が長い弟ですね。
吟遊詩人は、出ている時間が一番長そうなのに、存在感は滅茶薄い

長い間、これらの「統一感」に関して叩かれていた作品でしょうけど
異様なテンションの持続でもって、とにかく「惹き込まれた」音楽ですね
シノーポリの唸り声もゲルギエフに匹敵するくらいたっぷり収録!
感激屋の私なんぞはもう「おぉ~、おおお~☆」の連続でして、エヘヘ
歌詞を眺めつつ、勝手な想像を頭の中で膨らませれば
時間の長さははあまり感じないと思います

フィルハーモニアのマーラーチクルス来日公演の録音か
東京芸術劇場(こけら落とし公演)でのライブ。1990年、バブル最後の輝きでしょうか?
今こんなことできないですよねぇ。最近全く足が遠のいておりますが
あの長いエスカレーターは今もあるんでしょうか
今のコスト云々の時代なら、真っ先に取り外すんでしょうけど
バブルの亡霊が意地でも維持しそうな予感もする☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR