久々の購入《レコード芸術》800号記念号

さて、そろそろ書いてみようか☆

聴楽したCD自体はあるんですが、書かないうちに日が過ぎて行く☆
そのうち聴楽したこと自体を忘れてしまいそうだな、不味いぞ!
(GrimaudさんのブラームスPcon.1のこと書こうとして既に2年経ってるしエヘヘ)

Grimaudさんはピアノ系では私のアイドルの一人
同じ60年代生まれとして、支持したくなって来ますね。応援してるぞエレーヌ!
私は不思議に芸能人なんかでも、年齢の近い人に注目しますね
この趣味の最初の頃なんかは、スターが50才年上だったりしましたが…

後述のレコ芸を読み始めた頃
あのラトル氏がEMIにセンセーショナル的にデビューしたばかりで
広告(例の緑色枠の頁)には「25才!」なんて書かれていた記憶がありますよ
(緑色枠なんて言っても今の若い衆にはわからないか。失礼しました)
「年寄症候群」に罹患していた15才前後の自活能力ゼロの中学生だった私は
微笑ましくも「けっ、若造が!」なんて思わなくもなかった…恥ずかしい☆

書店でたまたま見かけたレコ芸誌は通刊800号特集だそうで
私は15年振りくらいで(何と)購入しました
以前も記しましたが、私が初めて同誌を購入したのは1979年の6月号
(確か父親に「週刊ベースボール買って来い」と言われた時だよ!)
今ではかなり珍しくなった個人経営の書店で購入しました。定価620円
現在、その店があった場所はマンションが建っている。嗚呼
しかし、当時の愛読誌がジャンプ、ベースボール、レコ芸って面妖だな☆

Recogei800.jpg

さて800号。中身なんですが驚くべきことに、読ませる記事が多かったですね
読み始めの昔は殆ど広告だけ(特に¥1300の廉価LPの)を見て終わりでしたが
記事に書かれている用語が殆どわからなくて、高尚(らしい)な気分に浸るのみ
私も51才になり、何とか記事内容を理解する読解力がついて来たのかしらん?

おそらく、30代の半ばくらいから、それまでの管弦楽主流から
室内楽→器楽→歌曲と聴楽範囲が拡大したのが大きいと思う
歌劇はちょっと今でも弱いな、プロコフィエフ以外はまだ知らないよ
ここ10数年で歌舞伎の知識も積み上げたから、筋書きという点では
歌劇も行けそうだけど、ちと機会に恵まれないね。ま、そのうち見るだろ☆

何かですね、貪るように読んでしまいましたよ
当然15才の頃は、提灯記事とかいわゆる「大人の事情」は理解の範囲外でしたが
今は「中の人」の状況も飲み込みつつ楽しもうと予想していたのですが
いやいや、なかなか「そそる」記事の多いこと

特にViews Pointのバレンボイムのブルックナーに関する対談(満津岡氏、舩木氏)は
日本の古典音楽愛好家の意識の底にあるものを浮き彫りにしたみたいで愉快だわ☆
このくらいの記事が数的に多くなれば、なればの話ですが
玉石混交(比率1:99)のネット情報から有益なものを抽出する楽しみに匹敵するかな?

付録が創刊号の復刻版ですね。巻頭の特集を少し読み始めましたが
昔の人ってなかなか鋭いこと言うなぁ、なんて今更なことを思いました
特にあらえびす氏がLP→CDと来て、現代の配信を予言するようなことを言ってますね
1952年にですよ。当時はまだSPの最晩年だったのかな
プロコフィエフは最晩年(その師、グリエールも存命)、ゲルギエフは生まれていない!

ちなみに1952年は思いつくままショスタコーヴィチ46才。ハチャトゥリアン49才
ストラヴィンスキーは70才と、まだ後期高齢者じゃない!
ポリーニ、バレンボイム、小泉純一郎10才。アルゲリッチ、宮崎駿11才。ガーディナー9才
アバド19才。アーノンクール23才。シノーポリ6才。ジンマン16才。ノリントン18才
カラヤン44才。バーンスタイン34才でまだウェストサイドストーリーは書いてない
ネルソンス、ドゥダメル、ネゼセガン、ウルバンスキ、ペトレンコ。まだ影も形もない☆

キリがないからやめとこう
あ、忘れていました。この年まで日本は占領されていたのでしたね。いやはや
現在、戦後70年とか騒いでますが、当時は日露戦争から50年経ってないな

そうだ、付録のCDをやめるみたいですね。まぁ時局を考えたらそうなるでしょう
あれがなくなると、最初から寝転んで読めるからいいんだよな、ハハハ
またしばらく買ってみるかな。こりゃ私的カムバック賞候補だぞ☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR