今月に入り、何となく「聴楽したい」という気になり始め
前回の投稿直後、リッピングした音源を久々に体験しました
小澤さん指揮プロコ交響曲第5番の第1楽章 (11:51, DG)のみでしたけどね
でも、それくらいの長さでも最近は聴く方向には行きませんでしたよ

眠っていた「聴楽欲」の微覚醒により2曲ほど行ってみました☆

OsborneMussorgsky.jpg

Mussorgsky (1839-1881)
Pictures At An Exhibition (1874)
Steven Osborne (piano, 1971-)
Hyperion CDA67896 (2011)

OrozcoEstradaStrauss40.jpg

Richard Strauss (1864-1949)
Ein Heldenleben Op.40 (1898)
Frankfurt Radio Symphony Orchestra
Andres Orozco-Estrada (1977-)
Pentatone PTC5186 582 (2014)

久々に聴楽できたことの嬉しさよ!
感想とか書く余力はなかったですね
ただひたすら愉しい、それだけ☆
やや長めの聴楽力が復活しつつあるね

オズボーンは、やっぱ端正に弾く名手だよなぁ
シュトラウスは、今時珍しい全曲1トラックなんだよな
第1弾のストラヴィンスキー同様の渋い音響がしたよ

コメント 0

新着記事一覧