悠然とした大河の流れ   R・シュトラウス

毎年この時期になるとアルプス登山なのです。もちろん脳内ですが…☆
引越し狂騒曲の後、短い夏休みに何か聴楽するものを!
なるべく大曲をと考えると、やっぱ筆頭に出て来るのはこれですよ


JansonsStruass64RCO.jpg

リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss (1864-1949)
アルプス交響曲 作品64 Eine Alpensinfonie op.64 (1911-1915)
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 Royal Concertgebouw Orchestra
マリス・ヤンソンス Mariss Jansons (1943-)
RCO Live RCO 08006 (2007, SACD)

聴楽記でのこの曲が登場するのは5回目だと思います
ここで第1回目の投稿をする寸前まで
正直なところ、意味不明に近い曲だったのですが
1度聴楽する毎に理解を深めて来たというか
感激の度合いが高まって来ている音楽なんですよ
いやぁ、いいモノは何度聴いてもいいんだよ
わかっていてもその都度ジーンと来てしまうのだから☆

同じ自主レーベルを出しているロンドン交響楽団に比して
このロイヤルコンセルトヘボウは、私としては地味に映りますね
レパートリ的なものだとは思いますが
今までにも殆ど聴楽機会がなかったですから
CDジャケットの装丁も独特な雰囲気で、近寄りにくい気もしたなぁ
今年に入って首席指揮者がガッティ (Daniele Gatti 1961-) に代わり
彼の出す第1弾のジャケット装丁は、これまでと違いますね
そういう方針なのかな?

DGの看板指揮者たちの録音に比べれば
「豪壮」というよりは、当録音はとにかく「壮大」です☆
冒頭、夜から日の出の寸前までの箇所で
各楽器が交錯する空気は実によく録れています
これらの不規則で茫洋な響きが、次第に大河の流れを作っていく
(小太鼓が少しずつクレシェンドするのが明瞭に聴こえたのは初めてかな?)
その過程がとにかくワクワクするんですね

実生活の早朝の空気と全く同質のものを、管弦楽で再現している!
私の場合だと午前5時過ぎ、外を微かな自動車のエンジン音がする
沈黙の合間を縫って、小さいけど明瞭な、出勤する人の規則正しい足音
離れた場所で、どこかの窓かドアを開ける音が微かに聞こえる
また沈黙…、これらが少しずつ重なって、自分も出勤のためにドアを開ける
外に出ると、大気が一気に広がって、今日一日がスタンバっている
そんな流れを思い起こして、実に不思議な気分だ☆

しかしこれは仕事じゃなくて山登りというのが、最高にイイ☆☆☆☆☆
高揚する気分のうちに、一瞬短調のコードに切り替わる辺りは
さすがな演出だなと、いつも思う
初期の聴楽で、とりとめのない気分になりがちだったのが
音の進行に身を委ねていると、実に自然な気持ちに切り替わって行くんだな
ずっと高揚、ずっと愁嘆では、人間持たないからねぇ
愉しい遊びの中で、時々現実生活を思い出して、一瞬だけど憂鬱になる
人間とは複雑な生き物だな…、まぁいいか☆

今回のヤンソンスの演奏プランも、頂上よりも後の部分に重点かかってるのかな
「嵐」の部分でウインドマシンの気合の入り方が楽しいぞ
でもって、今回は更に、音量的なものとは別に
日没以降の箇所が更に心温まる格別なものに仕上がっているようです
(この演奏では、金管と同じくらいかそれ以上に木管群が健闘している)
私はここに辿り着く辺りが、この曲で一番好きな瞬間です

休日とも自然ともまたしばしのお別れ…山々は闇に閉ざされて行く
人間のちっぽけな感傷的な気分もすっぽりと飲み込んでしまう夜の闇
実にいい50分間ではないかなぁ☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR