上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13年間住んだお気に入りの部屋が、シロアリ被害に遭い
残念なことに取り壊しの運びとなり、急遽引っ越しをすることになりました
静かでとても良かったのですが、人生ずっと同じことなんてありませんし…☆

13年というのは、社会人1年目まで住んだ実家の22年弱に継ぐ記録ですな
(両親ともにfrom草葉の陰なんで、実家はもうないんですよ)
不動産業者のHPを見ると、この期間中にネットは本当に進歩してると実感します
ただ眺めるだけでも、結構いろんなことがわかる
来月中に探して7月には出ます。こんな時期の引っ越しは初めてだな

私も来月51回目の誕生日が来るので
いろいろものを整理してみることにしました
最近のミニマリストの本なんかもちょっとつまんでみました
佐々木典士氏の《ぼくたちにもうモノは必要ない。》はインパクトありましたね
アマゾンのレビューでは結構叩かれてますが、私としては非常に良かった

もう実に似た感じの書籍が出まくっている状況ですが
この本の最大のインパクトは「アラフォーの男性が書いていること」に尽きます
カテゴリ自体が女性著者で殆どを占めているような感じですから
性別はそれほど関係があるとは思いませんが
やはり視点が違うんですよね
男がもっとこういう著述をして欲しいなと思います

私はほぼ何もないような部屋にという志向はないですが
特に書籍とCDについては「曲がり角が来ているかも」と思います

限りある広さの部屋に、無限に書物は詰め込めない
「休日の午後に寝転んで軽く再読」の機会の薄そうなものを旅立たせました
おそらく800冊くらいは出したと思う、査定には期待してませんが。ハハハ
残す本と旅立たせる本の違いは何かというと、そこは曖昧ですね
まぁそれがいいんだよ☆
ただ、特に増えるスピードが速いと思われる
漫画、新書や文庫関連はタブレットに移行となるでしょう
あと、一度手放したけどもう一度読みたいものもだね

現実には沢山の本は置けない。それはテクノロジーでカバーする
でもってなお「休日の午後に寝転がって読む紙の本」もう本当に最高です!

CDは、以前は今よりも小さかった部屋に2000組を超える枚数を所持していましたが
現在の所持枚数は僅か!に177組(293枚)です
もしかしたらCDの方は数年後にゼロになる可能性があります
やっぱPCオーディオは黒船なのかな?とも感じますよ
CDの時は「黒船感」どうだったか…?
私は1988年頃まではLPを買ってましたね
学生時代にバイトで気張って貯めたお金でCDコンポを購入してから
LPで出ていた盤をCDで改めて買いなおしていたような…懐かしい!


HirsoAudio.jpg

ネットワークオーディオプレイヤー(以下NAP)も、結構凝ったものが出て来ましたね
しばらくは、併存が続いて行き、やがて…という感じの流れでしょう
私は、現状のNAPにはもう一捻り欲しいと思っています
やはり操作ディスプレイの大型化ですよ
まぁ、4インチくらいの広さは欲しいな…何故か?
ジャケットの表示ですよ☆

音源のみダウンロードして楽しむ…素晴らしい、完璧に近いですよ
でも、私はその音源が鳴っている間は
ディスプレイにジャケットが表示されて欲しいんですよ
「こんな中身なんですよ」という暗示が欲しい、どんな未来になってもね☆

コメント - 2

quietplace  2016, 06. 08 (Wed) 23:08

木曾のあばら屋さんへ

いやはや、出来ることなら引越しなんて全くする気ないですよ
本当に早く終わって欲しいです☆

CDというメディアも、あとどれくらい続くのでしょうね
これの天下は私が生きている間は安泰だと思っていましたが
技術の進歩というのは、予想以上のものがあるようです

所持枚数がゼロになるのは、結構先になりそうです

編集 | 返信 |  

木曽のあばら屋  2016, 06. 05 (Sun) 09:15

CD整理

こんにちは。
引越し大変ですね。
書籍とCDの整理に関しては、私も悩んでいます。
先日CDを100枚ほど売りました(1万円くらいになりました)が、
家にはまだ数千枚あります。
私ももう50台なので、そろそろ残り時間を意識しながら、
思い切って処分しなくてはならないのでしょうが、なかなか・・・。

娘にも「おとーさんが死んだらこのCDの山、どうしようか?」
と言われました。
まだまだ死なんワイ!

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。