上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このように、渋目のレーベルから出る定番曲
そんな盤が、大きなインパクトを与える時があるのですな☆


TchaikovskyMelodieZhao.jpg

チャイコフスキー Piotr Ilyitch Tchaikovsky (1840-1893)
ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 Piano Cocerto No.1 in B-flat minor op.23 (1875)
メロディ・チャオ Melodie Zhao (1994-)
スイス・ロマンド管弦楽団 Orchestre De La Suisse Romande
ミハイル・ユロウスキ Michail Jurowski (1945-)
クラーヴェス Claves 50-1603 (2013)

さて、奏者のメロディ嬢なんですが、中国生まれの中国人で主にスイス育ち
Wikipediaによると、最初の音楽教育は北京で、13才の時からスイスにという感じ
Chinese Characterで書くと《趙梅笛》なんだそうだ
でもってメロディ、最初はもしかしてキラキラネーム?という気もしましたが
あの成龍がジャッキー・チェンということもあるし、まぁどうでもいいや☆

でもって早速聴楽、でもって「メロディ嬢、チャイコンに挑戦」
という感じでは全くないですね。もう余裕の弾きこなしです
特徴があるのかと聞かれると、特にはっきりとした所はない感じですが
「全てが高度な水準で維持されている」としか言いようがない感じです

技術的に苦しい箇所は全く聴かれず
「個性」を「極端なテンポ変換」や「突然の強打」のように
わかり易い点でこちらの耳に訴えることもない
ちょっとお姉さん年代のユジャ・ワンとも異なる行き方ですね

あらゆる点で「模範演奏」なんですよ
(しかし、ノリは素晴らしいんですよ。いやはや☆)
驚異的だと思うのは「つまらなくない」模範演奏ということ
普通に弾いている中でも、私のような素人聴楽子の理解を超えた辺りに
プロフェッショナルとしての工夫があるんでしょうね
(大きな音の箇所の打鍵が実に美しい)
個性を「極端な解釈」によって表出しない方向性というのかなぁ…☆
HPを見に行ったのですが、作曲もしているとのこと
ピアノソナタがあるようですが、聴楽してみたいものです

MelodieZhao.jpg

彼女のような個性を前にして
日本の若い演奏家志願者は、どう対抗して行くのか
楽しみでもあります、本当に彼女は高いハードルですよ!

バックは、前回投稿のアラベラさんと同じくスイス・ロマンド管弦楽団
指揮はユロフスキですが、親父さんの方です
(cpoにプロコフィエフのまとまった録音があり、私のアイドルの一人です)
一時期腰の怪我かなんかで休んでいて心配していたのですが
ここでひとまず安心ということです
メロディ嬢の伴奏も、もう「ベテラン力」で余裕綽々です☆

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。