上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤電車の中で最近?と思うようになっていることです
私は東京メトロの東西線に乗って行き来しているんですが
(曜日も時間も不規則勤務です)
特に土曜日の朝夕に変化がある気がしています

混んでるんですよ、土曜日なのに朝から…
朝6時半前後に乗るんですが
平日だと、立っている隣の人との距離は5㎝くらいで
(まぁ冬だと着ぶくれの関係でくっついてしまうことが殆ど)

土曜日だと、かつては座れたりすることも結構ありましが
それがなくなり、隣の人との距離も100㎝はあったのが
もう平日並みになって来ています

もう少し観察してみると、時間が時間なだけに
遊びに行くような服じゃないな
建築現場作業系は今までもいたけど
明らかにスーツ系が増えているぞと
(私の仕事は制服があるので、普段の通勤はカジュアル)

でもって当たり前だが、帰りの電車はもっと混んでる
スーツ組に加えて、遊びに出た人も混じるからね
夜の8時台でも、何かギョッとするくらいには詰め込み状態
「何やってんだよお前ら~」みたいな感じか☆

土日に休みになる仕事が少なくなって来てるんだろうな
純粋に事務系の仕事っていまや希少だと思うし
営業だって顧客に合わせようとしたら週末だって飛ぶだろうし
今や対人系のサービス業が、一番雇用機会が多いんだろうな

今は単純作業って、PCの仕事だからね
人の行動範囲って狭まってるんだろうな
「コミュニケーション力」なんて辺りが人に残された領域だね
「コミュ障」なんて言葉もよく耳にするし、私も使ったりする(苦笑)
極端な話、人が全力を投入してする仕事なんて
「実はないんだろ?」って感じもちょっとするなぁ☆

国は私たちに年間400万円くらい無償で渡して
「もっと稼ぎたい人はバイトでも起業でも好きにして」
(この場合、公務員の年収をどう設定するかが肝だな)
みたいな感じにして欲しい。そんな気もする☆

くだらないことを書いてしまったが、音楽は…聴いてるよ
最近のお仕事疲労モードから少しは抜け出して
またプロコフィエフの聴楽に対応する気力が戻って来ました
彼の音楽は音量も推進力もデカいからなぁ


ProkofievCypresPianoSonatasA.jpg ProkofievCypresPianoSonatasB.jpg

Prokofiev, Complete Piano Sonatas
Stephane Ginsburgh (piano)
Cypres CYP1674 (3CDs, 2013)

最近ベルギーのcypres(シプレ)から出たピアノソナタ全集
ジャケットのインパクトで即買い☆
第5番の改訂版op.135が入ってないけど、奏者の見解なんだろう
プロコフィエフとは無縁そうなレーベルから出て来るのがイイ!
つくづくCD、レコードというのは音源と装丁とのコラボなんだなと思う

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。