上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初聴楽は本を読みながらでしたが、!結局は聴き入ってしまいました☆

BachGoldbergLifschitz.jpg

バッハ Johann Sebastian Bach (1685-1750)
ゴルトベルク変奏曲 "Goldberg-Variationen" BWV988
コンスタンティン・リフシッツ Konstantin Lifschitz (piano, 1976-)
オルフェオ C864 141A (2012)

この曲を初めて聴楽したのはたしか2000年、35才の時だったか
タイトルだけは知っていたんですけどね、何か難しそうな印象があったなぁ
何となくのイメージより、実際に聴楽してどんな風に気に入り
またどんな風に気に入らないか見極める…
聴楽姿勢に変化の兆しが出たのが今から15年くらい前だったんですね

個人的にはピアノでの演奏が好きですね
チェンバロは、距離をおいて幽かな典雅さを愉しむには最高の楽器ですが
私が聴楽した録音は、うむむ、楽器が「目の前にあり過ぎる」感がハンパなく
いささか疲れる感じがするんですね
ということで、ピアノ盤はこれまでに10種程度を聴楽して来ましたが
ここに来て、ついに「超えた」録音が登場しました

リフシッツは初聴楽。彼は17才の時にもこの曲を録音していますね (Denon)
(しかし、フツー17才でこの曲は録音しないだろ☆)
今回は、36才になる年の録音で、約20年ぶりの再録音
聴楽してちょっと驚いてしまったのは、この曲におけるピアノの音

私がこれまで聴楽して来た盤は、ゆったりとしたテンポで
「しっとりした」感じの音で運んで行く感じのものでした
今まではシフ盤 (ECM)がお気に入りだったのですけどね

リフシッツの奏法による部分が少なからぬ要因とは思いますが
彼の出す音は「しっとり」という感じではありません。しかし…
しっとり感を完全に閉め出すまでには行かない「軽やかさ」がある
不思議だ…、何とも言えない「清潔感」とでもいうのかな

響きに「水分」があるとすれば、完全には乾ききってはいない
かといって「過多」の方向にも行かない、不思議な端正さを感じます
この「ひたひたと進む」ことに迷いが感じられない、明晰寄りの演奏…☆
しかし、「全てを明快に」とまでは行かない所で寸止めしている
チェンバロを顕彰 (リスペクトか?) するような現代ピアノの鳴らし方
やっぱり「おっさん」になってからの再録音
周到な準備と研究の賜物とでも言うのでしょうか? 

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。