モダン、豪壮と繊細   ラヴェル

DGに限らず、もしかしたら最多同曲異演聴楽機会数の曲かも☆

RavelYujaLeftHand.jpg

ラヴェル Marice Ravel (1875-1937)
左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調
ユジャ・ワン Juja Wang (1987-)
チューリッヒ・トーンハレオーケストラ Tonhalle-Orchester Zurich
ライオネル・ブランギエ Lionel Bringuier
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 00289 479 4954 (2015)

DGのラヴェルコンチェルトは
80年代にアルゲリッチ (1941-、両手)、ベロフ (1950-、左手)
90年代にツィメルマン (1956-)、00年代にユンディ (1982-、両手)
10年代に入りエマール (1957-)、ワン (1987-)と続く (いやぁ凄いな…)
とにかくもう「名手」と呼ばれるに値する奏者の録音がありました
とうとう80年代後半生まれが来ました☆

あ、DGで「左手」を録音する女性奏者は初聴楽です
モニク・アース Monique Haas (1909-1978) の1965年録音は未聴ですが
そっちも何だか聴きたくなって来ましたねぇ

個人的にはこの曲がラヴェルの最高傑作だと思うんですよ
モダン、豪壮と繊細の側面を兼ね備え
それら要素の絶妙な融合が楽しめる稀有な曲という印象です

でもって、今回のユジャ、さすがに2015年の録音という感じです
ピアノの打鍵が出す音の「空気感」というか、これが実に鮮明です
中から低音域は特に「素晴らしいっ」としか言いようがない!

昔のレコード藝術誌でよく書かれていたような
「洒脱」とか「フランスのエスプリ」って感じはしないな
てか改めて「フランスのエスプリ」って何だろう?とか思ってしまう☆
まぁ「小洒落た感じ」ってやつが近いんじゃないかなぁ?

ま、ユジャのピアノはそういう印象批評的フレーズを吹き飛ばすような
輝かしい「今ここ」の奏楽ですね。これまで使うことは避けて来ましたが
これこそが「スタイリッシュ」または「モダン」というやつなんじゃないかな☆

オーケストラも、ジンマン時代の印象が強いですが
指揮のブランギエについては、まだ30才くらいなのに2012年からここの監督なんですから
これは何だか大変素晴らしいことが起こる前兆の記録なのかもね☆
なかなか強力で存在感の強いサポートです

バウゼ (Chandos) の演奏以後、これ以上何があるのかと思っていた曲ですが
(ちなみにバウゼは私的「殿堂入り」録音です)
パフォーマンスの世界は日進月歩なんですね。恐るべしユジャ、今後楽しみだわ
そうやっていろいろ聴楽して圧倒されて…何と愉しい趣味なんでしょうね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR