時代楽器オーケストラの清新な大迫力☆   ヤナーチェク

私は、お気に入りの曲に対しては
複数の演奏解釈(CD)を併存させない傾向にありましたが
今回は、本当に恐れ入りました。凄い☆
ガードナー盤 (Chandos) に続く、私的ベスト演奏がまた出ました


JanacekImmerseel.jpg

ヤナーチェク Leos Janacek (1854-1928)
シンフォニエッタ Sinfonietta (1926)
アニマ・エテルナ・ブルージュ Anima Eterna Brugge
ヨス・ヴァン・インマゼール Jos Van Immerseel (1945-)
アルファ Alpha 206 (2015)

今回演奏のこのコンビのヤナーチェクと聞いただけで
何やらワクワクしてしまう感じですが
このシンフォニエッタは、意外にゆっくりなテンポ運びなんです
以下は左がガードナー、右がインマゼールです

(2:07//2:30) 1 Allegretto
(6:10//6:28) 2 Andante
(5:16//5:53) 3 Moderato
(3:00//3:04) 4 Allegretto
(6:35//8:14) 5 Andante Con Moto
(23:08//27:09) Total Time

やはり「傑作」は複数の解釈を受け入れるのでしょうかね?
私が聴楽した限りでは、この2種の演奏時間が
上に記したように大きな差があるとは思いませんでした
第5楽章に関しては、約1分40秒もの差が出ていますが
インマゼールはこの楽章のクライマックスで
実にたっぷり堂々とした鳴らしっぷりを披露しています

第1楽章のファンファーレ再現され始めると
自然とテンポが上がって来るのかも知れませんが
インマゼールはここで走らずに、踏みとどまる。これは成功でした

書くのが後になってしまうのですが
ファンファーレが出るまでの盛り上げ方も上手い、実に自然ですよ☆
これまでの聴楽では、半ば唐突、強引に接続するような感じで
この金管群の吹奏が出てくる感じがしましたが
そこに至るまでの道の途中でも、なかなか熱く盛り上がる~

現代のフルオーケストラとは異なる時代楽器使用
人数的にもやや小さめの編成でありながら
どの楽器も突出して目立つような方には行かず
何とも清々しくかつ華々しい幻想が耳に伝わって来ますねぇ☆

第1楽章のファンファーレですが、これがまたなかなかに凝った録音で
主旋律を吹奏するトランペットを囲む対旋律?的な箇所もよく聴こえる
手の込んだ金管群の織りなす土台の上に朗々となるトランペットたち☆
い最下部を支えるティンパニの表情付も変化に富んでいて
マッケラス盤 (Decca) による初聴楽を思い出させてくれましたよ

使用楽器のモダンかピリオドの違いはあまり関係なですね
自分にとって「グッ」と来るのであれば、万事OKですから☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR