《名盤》ってこういうCDのことを言うのかな?   ホルスト

最近、この曲の新録音新譜が途絶えているような感じですが
気のせいでしょうか?


HolstLSOlive.jpg

ホルスト Gustav Holst (1874-1934)
組曲 《惑星》 作品32 The Planets (1914-16)
ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra
サー・コリン・デイヴィス Sir Colin Davis (1927-2013)
LSO Live LSO0029 (2002)

もう13年も前の録音なのですが
私の場合ですと、以降に出てきた録音がこれを凌駕出来ず
このLSO盤に落ち着くという展開が続いていますね☆

開催中のラグビーW杯で言えば、何とも老獪というか試合巧者というか…
勢いに乗って行け行け状態で僅かに雑さが出た日本代表に対して
抜け目なくつけこんで勝利したスコットランド代表のような盤ですな

中古店でも、ある程度の間隔をおいて、必ず並びますね
私も記憶している限りでは、3回売却4回購入しています。エヘヘ
(東京都心だと、中古価格は600円くらいです)
乗り換えを目論んでも、候補盤がその都度「不可」になるんでね☆
その度に「良さ」がわかるという…
私は特に好きな若干名の作曲家の作品以外は
一曲一枚を基本としてるんで、あれもこれもと
同時には所持しない方向性というか、まぁそんな感じなんです

全ての面において平均点を上回りながら
突出した、またはユニークな点を強調しにくいことはありますが
私的に「ここの場面においてこの楽器は、こう響いて欲しい」
これをマメに実現している録音でもあります

今回気づいたのは、あの《木星》のティンパニ☆
三拍子の乱舞の箇所ではなくて
中間のあの旋律、楽器の層が厚くなり強奏以後
ティンパニの音程が微妙に変化しながら
旋律を支えるところ、これがよく聴こえるのですね
ティンパニのおかげで、物凄く引き締まった様相を呈しておりまして
ここら辺の楽器の重なり方が、私的には醍醐味になります

《火星》の後半の緊張感を高めて行く小太鼓
タタタタ、タタタ、タタタタ、タタタですが、この辺の空気感もいいなぁ
ササササ、サササだと力感が感じられず興醒めなんですが
これは、なかなかの美点と思いましたねぇ

《海王星》ですが、最初の聴楽では合唱のテンポが急いている印象でしたが
まぁ何度か聴楽機会を持つうちに、錯覚だったように思えて来ました

なかなか複数回の聴楽機会というのは…ワハハ
日本の聴楽子には耳の痛い話でしょうか☆

2018年からはラトルさんがいよいよ音楽監督になりますが
ぜひLSOライブで録音して欲しいなぁ☆

コメントの投稿

非公開コメント

リベルテさんへ

こんにちは。なるべく新鮮な感覚の録音をという方向性でCD蒐集をしておりますが
その中でも当Cデイヴィス盤は、2002年録音と
私の所持盤の中では、やや異例とも言える「古い」録音なんです
この人場合だと、ちょっと前のシベリウスなんかでも
たまたま強力な存在感の他盤に隠れている印象ですが
長く残って行きそうな感じがしますね


コリン・デイビィス

いつもなるほどと感じて読ませていただいております。
LSO自体もそうでしょうが、シェフ、コリン・デイビィスの外連味のある指揮ぶりは、ニールセンでもシベリウスでもドヴォルザークでもエルガーでもモーツァルトでも、手堅いだけでなく本当にツボにはまった録音を残していますね。もっと変わった演奏、もっと激しい演奏と他の盤をさがしてもやはり戻って聴き返してみるとやっぱりこれが良かったデイビィス盤を取り出すことが私も多いです。
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR