初演が93年前というのは昔なのか?   ニールセン

う~む。孤高の傑作と言っていいと思いますよ☆

NielsenCompSymphonyDACAPO.jpg

ニールセン Carl Nielsen (1865-1931)
交響曲第5番 Symphony No.5, CNW29 (1920-22)
ニューヨーク・フィルハーモニツク New York Philharmonic
アラン・ギルバート Alan Takeshi Gilbert (1967-)
ダカーポ DACAPO 6.200003 (2014, SACD)

作曲者は、今年生誕150年の記念年なんですが
もう150年も前なんですねぇ。Classicalを聴楽していると
300年くらい前が、それほど昔には思えないことが多いですけど
写真のリアル度は、絵とはまた別次元のものなんでしょうね
「真」であるが故に、絵よりも古く感じるような時もあります☆

写真が残っている作曲家って…
スメタナ (1824-1884)→あり。フランク (1822-1890)→あり
ヴェルディ (1813-1901)→あり。リスト (1811-1886)→あり
ショパン (1810-1849)→あり
シューマン (1810-1856)→あり。と来て…
メンデルスゾーン (1809-1847)→???
この辺の人たちが境界線かな。史上最古の写真は1825年らしいです

ニールセンの交響曲第5番は初演が1922年
今は2015年ですから、93年も前と言えますが
これは私が生まれる僅か43年前!
Classicalで43年なんて一瞬という印象が…
何だか感覚がわからなくなって来ました☆

さて、先日Chandos盤の聴楽記をものしましたが
今回は、初めてのレーベル、DACAPO!
ネットで調べると、結構いろいろと出している会社ですね
マイナー一直線かと思ったら
今回はオーケストラが何とNYP!
指揮者は、名前の真ん中に Takeshi があって、親近感が湧きますね
近頃はメジャーオケの録音は何かと大変なんでしょうが
時々こういうのが出て来るから侮れません

もうこの曲と言えば、第1楽章の小太鼓のカデンツァなんですが
奏者はChristopher S.Lamb 氏
響線のザラザラとした音が強調されて聴こえる録音で
聴楽の印象では、2連符ないし3連符系を大胆に織り交ぜた
もう天然って感じの乱打です (いやはや大感激☆)
管弦楽の大きなクレッシェンドの直前が実に個性的で
戦争映画の印象に繋がって行くのですが
機関砲の音を思い起こすような緊張感の漲るパフォーマンスです

ラム氏の太鼓は強弱も絶妙で、楽章終わり近くの
打撃音が少しずつ弱くなって行く箇所も実に印象的です

小太鼓が登場する寸前の雰囲気作りも上手い☆
平穏な音楽のどこかに微かな異様なハーモニーが見え隠れし始め
「(小太鼓が)現れるぞ」という緊張感がヒタヒタと、来る!

第2楽章については、これまで不明瞭な感じがしていたのですが
楽章半ばより、少しずつ盛り上げていく構造になっているのかな
実に周到な組み立てで壮大な感じに持って行く
この流れが初めてわかったような気がします
(聴楽の作法がわかっただけでも儲けもんです)
SACDの面目躍如ですな☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR