「弦楽《三》重奏曲」   ベートーヴェン

ベートーヴェンのこのジャンルの盤を見かけると、思わずチェックしてしまいます☆

BeethovenStStrioAudite.jpg

ベートーヴェン Ludwig Van Beethoven (1770-1827)
弦楽三重奏曲 変ホ長調作品3  String Trio in E flat major Op.3
セレナード ニ長調作品8  Serenade in D major Op.8
弦楽三重奏曲 ト長調作品9の1 String Trio in G major Op.9/1
弦楽三重奏曲 ニ長調作品9の2 String Trio in D major Op.9/2
弦楽三重奏曲 ハ短調作品9の3 String Trio in C minor Op.9/3
ジャック・ティボー弦楽三重奏団 Jacques Thibaud String Trio
アウディーテ Audite 23.430 (2015)

私は何故かこれら曲が好きなんですね
ベートーヴェンのマイナー曲であること
彼にマイナー曲なんてあるのか?という点でまずインパクトを与えられ
弦楽四重奏曲があまりに有名なところに来て
弦楽三重奏曲なんてあるのか!?という驚き
この「四」から「三」というのが私にとっては衝撃的ですらあったわけです☆

大体、紋切り型の記述で「Vn一丁による表現に限界あり」とか書かれて
立場の弱い弦楽三重奏曲ですが
スッキリしていて「そこがいいんじゃな~い?」とか思うんですよ
まぁ四重奏の方が表現の綾はあるのが当たり前
三重奏の簡潔さに私は気づいてしまいましたとさ☆
「カラッ」とした独特の味というのかなぁ…

ベートーヴェンは、初期作品とはいえ
やっぱこのジャンルにも魅力的なものを残しましたね
四重奏が「深刻な対話」な感じに比して
三重奏は「(取りとめのない)雑談」なのが、イイ!

昨日日曜日に、イマイチ感が漂う曇天+豪雨の中
サクッとした明るさを届けてくれましたね
こういう曲と読書というのは合ってるなぁ☆

ジャック・ティボー三重奏団の演奏は、軽快そのもの
テンポはやや速めに取りつつ、細部もおろそかにならないような
「秘めた鋭さ」というのを感じます☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR