最近稀有な聴楽機会頻度の盤   レスピーギ

自分で購入したCDを何度も聴楽する
当たり前のようでいて、そうでないことが最近は…基本か?
と言いつつも、今年は久々に購入後
複数回の聴楽機会のある盤が出現しました
つい最近ここで書いた「これ」です

6月の終わり頃の購入でしたが
既に二桁の聴楽機会に恵まれました


RespighiBelkisBIS.jpg

レスピーギ Ottorino Respighi (1879-1936)
組曲《シバの女王ベルキス》 Belkis, Regina Di Saba, Suite (1934)
リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団 
Orchestre Philharmonique Royal de Liege
ジョン・ネシュリング John Neschling (1947-)
ビス BIS-2130 (SACD, 2014)

一度聴楽して物凄いインパクトを受け満足するか?
その後、何度も聴楽する機会が続くか?
「愉悦」の質は、似ているようで違うかも知れないなぁ☆

第4曲大詰めの悠然たる打楽器群の乱舞
「ドドンド・ドドンド……」。大船に乗って漂うような安心感…
不協和音的な響きの中に、古代の音調と現代の感性が同時に潜む
ここに来ると毎回大きな満足感に浸れるのですね☆

ジャケットは、2番目に収録されている「地の精のバラード」に関連させているのかな
「ベルキス」のような強烈な曲が入っているような感じがしないのが愉快ですね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR