魅せるピアノ☆   シューマン

とても若い頃から (てかまだ若いけど) 個性的な録音を出している人ですが
先日のガーシュウィンといい、何やら良い感じのパフォーマーになって来ましたね


KempfSchumannOp13.jpg

シューマン Robert Schuman (1810-1856)
交響的練習曲 作品13 Etudes symphoniques op.13 (1837)
フレディ・ケンプ Freddy Kempf (1977-)
ビス BIS 2010 (SACD, 2012)

私にとっては今までは、名前のみ有名で
終楽章以外は実際どんな曲なのか殆ど覚えていませんで
(これまでに実演を2回も聴楽していたにも関わらず)
まともな聴楽は初めてと言っていいですね

で、印象は…うぉおお「名曲」です☆
ケンプは、関心を抱いた曲を録音していくタイプのようで
「○○全集」とかとは無縁の道を行っているようです
シューマンは、若い頃に同じBISに《謝肉祭》を録音していますから
彼にとっては比較的重要な作曲家なんでしょう

今回は曲の全貌が初めてわかった感じの聴楽ですが
沈んだ表情で始まり、終曲の燦々とした響きがわかっていたとしても
なかなか長調の支配下には音楽が進んでいかない感じで
遺作の第5変奏で、ようやくホッとするようになっています

通常の遺作変奏に加えて、1837年作の練習曲も2曲入れているため
全曲の演奏時間は33分34秒と、結構な重量ですが
ここは、ケンプの深い音色の演奏でどんどん進みます
曲全体の司るハーモニーの流れがあるようで
途中のどの辺りを切り取ったとしても
巨大な音楽の一部にあるというある種の安心感があるのかな

ペダル操作音も含む、奏者と楽器の周囲の大気を
絶妙な感じで収録している優秀な録音だと思います

満を持して飛び込む終曲が大傑作☆
これは結構速弾きな趣なんですが、無理な感じはなく
むしろとてつもなく大きな説得力を感じます
(この人の良いところが発揮されている)
クライマックスに向けてのタメなんかは本当に上手い☆
実に実に演出巧者つかエンターテナーだよなぁ

昨晩、ビールを飲んでいい気持ちで横になっての聴楽でしたが
だんだん盛り上がってきて、思い切り集中してしまったです☆

詳しいことはわからないのですが
終曲は、全曲中では例外的な長調の箇所にもかかわらず
きちんと統一感は保たれているというか
最初の主題のハーモニーの進行が底流にあるように感じる
ケンプのこの速い音楽運びが
このことを非常によくわからせてくれると思うんですよ☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR