1995年生まれが弾く☆   シューベルト

とうとうこの曲にも「定番」演奏が出てきたかも…

SchubertWandererPilsan.jpg

シューベルト Franz Schubert (1797-1828)
幻想曲ハ長調 《さすらい人幻想曲》 
Fantasy in C major (Wanderer Fantasy) D.760
アーロン・ピルサン Aaron Pilsan (1995-)
ナイーヴ Naive V5385 (2014)

このレーベルが現行の装丁になって、ピアニスト最初のセンセーションは
リーズ・ド・ラ・サール Lise de la Salle (1988-) だったと思います
デビュー当時14才!ちょっと早過ぎの感がありましたが
彼女の現在の活躍振りは、既に説明不要ですね

彼女以降、比較的若い年代の個性派が何人か出ていますが
ここに来て1995年生まれが出て来ました☆
1995年って、私にとっては「つい最近」なんですよね
関西の地震の速報を、代休の朝のニュースで目撃したり
某教祖の逮捕護送の生中継を職場のTVにて見入っていたりと
(たしか、東名高速が交通規制されていたと思う)
何かの区切りになっていた年という印象が非常に強いです

私は当時30才、毎日楽しく流し込んでいたアルコール量が
ガタ落ちした年としても記憶に残っているかな
本当にこの年以降は、あまり飲まなくなったと言っていい
(もちろん、それまでに比較して飲まなくなっただけの意)

さて、ナイーヴが推すだけのことはあるピルサン
もう20才でも、このくらいは弾くのが当たり前の時代なんですね
才能ある者が良い先生に良い指導を受けると
これくらいは軽く行くんだな、と思うくらいウマイ☆
おや?と思うようなアゴーギグもなく、整然と駆け抜ける20分13秒
(5:47/6:14/4:38/3:34)
「若さでチャレンジ」みたいな呑気さはここにはないな☆

この曲に関しては、何とか弾き切るような「よっこらしょ感」
これがついて回るような趣がありましたが
今回のピルサンのパフォーマンスには、その「感」がないんですよ
23分台とかの盤石のテンポを取らずに、それでいて
ここまでストレスフリーの録音が出て来ると
以降にこれを聴楽してから録音する人へのプレッシャーになりますね
それはいいことだと思います

購入したのは新宿のディスクユニオンでした
未開封で一か月近く残っていたので、割安になるタイミングでのGet!☆
それでも元々税込1337円という価格がネックだったのでしょうか
奇跡的にずっと棚に残っていましたねぇ
「俺はこれを購入する運命にあったのだ☆」なんてね…
若い世代の才能が埋もれずに出て来たのが嬉しいですよ~☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR