一聴、さすがだなぁと…☆

LisztLortieDante.jpg

リスト Franz Liszt (1811-1886)
《巡礼の年》第2年「イタリア」より第7曲
《ダンテを読みて》 ソナタ風幻想曲
Annees de Pelerinage - Deuxieme Annee : Italie S161
"Apres une lecture du Dante" Fantasia quasi sonata
ルイス・ロルティ Louis Lortie (1959-)
シャンドス Chandos CHAN 10662 (2) (2010)

先日、中古店にて未開封盤を1028円で購入しました
時々、まぁ偶然なんでしょうけど
お店で「これがあったらなぁ」と思う盤が目の前にあったりして
仕事の疲れも吹き飛んだりしますが
やはり「発見の瞬間」には脳内物質が発生することによるのかな?
大体は不発なことの多い中古店行幸なんですが
このようなラッキーヒットがあるので、やめられん☆

ロルティのピアノを聴楽するのは初めてです
今回この曲を聴楽しただけですが「むっちゃ上手い」なぁ☆
80年代の技巧的な録音にコアなファンが集まっているようですが
最近、またリバイバルして来た印象の人です
技巧云々は無問題、弾いているピアノの響きに注耳です

ピアノはスタインウェイではなく、ファツィオーリを弾いているのですが
いや、独特な音色のピアノですね…気に入った!
S社製のキラキラ感はないみたいですが
何とも言えない「くぐもった感じ」に☆☆☆
不明瞭というのではなく、ほの暗い感じというのか
少し離れた場所でビリヤードの球が静かにぶつかり合うような音!?

ロルティの演奏テンポは、結構ゆっくりした方ですね (17:14)
ラ・サール (Naive 16:57) よりもゆっくりした流れがあります
S社製の、鋭く聴覚に切り込んで来るのとは様相が異なるような
微妙な響きの階調は、速めよりも、ゆっくり目の方が合うのかも…

ファツィオーリの特性については、何も知らないのですが
いちいち調べて細かく知るよりも、その「美点」を堪能すること
それだけでもとても気分がよいですね。よい☆
録音に際して、このピアノを採る人がいるのも
わかる気がするんですね

しかし、この曲を聴楽するといろいろなことを考えます
ロルティの演奏は、私的には「何でそう弾くんだよ?」みたいな感じが
聴楽中、全くと言っていいほどしませんでした
音楽の流れを制御できない速過ぎ演奏の興醒め感とも無縁
(こういう演奏が意外に多いような気がする)
アゴーギグや、音の強弱に関しては
とにかく「ファツィオーリを使いこなしている感」が伝わります

コメント 0

新着記事一覧