グリモーさん弾き振り☆   モーツァルト

「モーツァルトは楽しい」というのは、頭ではわかっていましたが
実際に実感持てるのは、もしかしたら初めてかも☆


GrimaudMozart1923.jpg

モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)
ピアノ協奏曲第19番ヘ長調 Piano Concerto No.19 in F major K.459
朗唱《どうしてあなたが忘れられましょう》と詠唱《心配しないで、愛する人よ》
"Ch'io mi scordi di te?" - "Non temer, amato bene" K.505
ピアノ協奏曲第23番イ長調 Piano Concerto No.23 in A major K.488
エレーヌ・グリモー Helene Grimaud (piano, 1969-)
モイツァ・エルトマン Mojca Erdmann (soprano, 1975-)
バイエルン放送室内管弦楽団
Kammerorchester des symphonieorchesters des bayerischen rundfunks
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon B0016204-02 (2011)

今回のグリモーさんは、弾き振りの協奏曲の間に歌を挟んだ小粋な企画です
私は今までモーツァルトのピアノ協奏曲はまともな聴楽体験ゼロでして
何かきっかけがないと、おそらくはずっと聴かない音楽の筈でしたが
そこに丁度良いタイミングでこの盤にチャンスが回って来たのでした

実際は、15年程前に、Naxosで1番から27番まで全曲聴楽していたのですが
近現代以前の音楽に触れ始めた頃のことで、全く印象に残っていませんです
(録音された演奏者さん達、すいません~)

第19番の冒頭から、独奏が出て来るとすぐに思ったのは
「このピアノ、モロに好みの音響だ~☆」です
協奏曲はライブ収録されていて、広めの空間を感じさせるもの
何度か書いていますが、ペダルを踏む「ゴトン」という音がヨイ
ピアノの音自体は、非常に広大に、安心感のある低音の上に
明瞭な音の並ぶ例の「グリモートーン」とでも言うのかな
私はピアノのこういう音が本当に好きなんだなと実感しています

まだ書いていませんが、先日既に彼女の弾くブラームス(DG)を聴楽していて
その時の音の記憶が戻って来たようで嬉しいんだなこれが☆
第19番では華やいで、第23番ではやや落ち着いた気分が記録され
これは録音スタッフにも拍手をしないとね

モーツァルトの歌を聴楽するのは、本当に「初」です
グリモーさん幼少の頃から印象に残っている曲なんだそうで
英語の歌詞を読んで、大筋だけ掴んでの聴楽ですが
協奏曲の間にこれを挟んだのも上手いアイディアだと思いましたよ
「ちょっと気分を変えて」の10分前後の演奏時間も丁度よく
エルトマンのひそやかに流れる歌唱と、楽器の音がつかず離れず
時に音程を揃えて動くのも実に気持ちのよいものです

先日何気なく中古屋さんで800円くらいで買ったものなんですが
こういう演奏を夜にヘッドフォンで楽しむ…、やめられない趣味ですね☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR