北欧に立つ摩天楼   ガーシュウィン

何とはなしに聴楽したCDで
それまでイマイチな曲の印象が変わることがあります


GershwinKempf.jpg

ガーシュウィン George Gershwin (1898-1937)
ピアノ協奏曲ヘ長調 Piano Concerto in F (1925)
《ラプソディ・イン・ブルー》 "Rhapsody in Blue" (1924)
第2狂詩曲 Second Rhapsody (1931)
《アイ・ガット・リズム》変奏曲 Variations on 'I Got Rhythm' (1934)
フレディ・ケンプ Freddy Kempf (piano 1977-)
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 Bergen Philharmonic Orchestra
アンドリュー・リットン Andrew Litton (1959-)
ビス BIS SACD-1940 (2011)

ガーシュウィンのコンチェルトは
近年、フィギュアスケートにも登場したり、意外に耳には触れていますね
競技 (キム・ヨナが使ってた) の方は美味しい箇所をつまんでおりますが
本体は3楽章30分を超える大曲!
作曲者が施した仕掛けは実に多彩なものですが
私にとっては「ちょっと正体不明」曲として長い時間が過ぎていました
意外にもリヒテルさんもレパートリにしていたこの曲
気軽にかけてみたこのCDでとうとうハマりましたよ

このアルバム、スウェーデンのビスが制作
協賛がグリーグ財団、管弦楽がベルゲンフィル
意外に希少と思われるピアノ絡み作品のみの収録
奏者が英国のフレディ・ケンプと、全くアメリカと繋がりがありません
指揮者のリットンのみアメリカ人で、彼が頑張って
ジャケットにエンパイア・ステートビルが聳え立っているとしても
「何かとても奇妙な」アルバムが出来るのではと、最初は思いましたね

が、リットンはBISからジャズピアノのソロも出しているような名手
曲の冒頭から、特に管楽器に彼のこだわりが強烈に出ていますね
作曲者の曲は、以前からいろいろ聴楽して来ましたが
ジャズ的ニュアンスがここまで徹底している録音も珍しいと感じます

リットンの微笑みが見えるような気が…
「この面子でどうするんだと思ったかい?」みたいな、ね☆
トランペット、クラリネットはまぁ当然以上に表情豊かに加えて
フルートとかも「おぉ」な歌い回しを披露しています
アメリカのオーケストラでもここまで徹底するのは簡単じゃないと思いますよ
2003年以来、彼が音楽監督として過ごしているベルゲンフィルをして
初めて出せるような空気でしょう

ケンプのピアノはどこに行ったのか?という点ですが
彼は主役でもなければ、脇役でもないというか
この華やかなガーシュウィン祭の一実行委員みたいな感じですね
どこかウキウキしたようなピアノは彼らしいなぁ☆
楽器の音は暖かみを上手く収録されていると思います

第2狂詩曲は、あまり聴かれない作品で、私も初聴楽です
全編テンションが高く、ちょっとどこにヤマがあるのかわかりにくいかな
場面転換の対比の妙は、憂鬱な狂詩曲に比べると少なくて
一度の聴楽では、記憶に残るのはちと難しい曲でしょう

それと、全4曲は、収録時間の長い順に入っていて
一度に聴楽する場合には気楽な気分になれるのも、うまいと思う
私としては、協奏曲に開眼しただけでもかなりの「嬉しみ」でした☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR