約10年前に初聴楽の曲でしたが
今回やっとですが、何となくわかって来ました


RubinovaRachmaninovPS2.jpg

ラフマニノフ Sergei Rachmaninoff (1873-1943)
ピアノソナタ第2番 変ロ短調 作品36 (1931年改訂版)
Piano Sonata No. 2 in B flat minor op. 36 (1931 version)
エフゲニア・ルヴィノヴァ Evgenia Rubinova (1977-)
Avi-Music 8553249 (2004)

本年第1弾投稿で聴楽したルヴィノヴァさんの第1弾リリースです
2004年の録音を2011年にリマスターしていますが
彼女がリーズ銀賞を獲得した翌年の録音です
何らかの事情でお蔵入りしていたとしても
今回のこのリリースは嬉しいですね

この第1弾では、ジャケットが「大人の女」路線だったのが
第2弾 (プロコ) では、髪を少し切り、目元のメイクを変え
(Classical の奏者としては珍しいメイクの印象があるかな)
「かわいい路線」とでも言うのでしょうか、ハハハ
そんなことどうでもいいんですけども(苦笑)
個人的には第2弾かな☆

RubinovaBackInlay.jpg 
こちらは第2弾プロコの裏ジャケ 

ラフマニノフの第2ソナタについての印象ですが
「どうにも掴み所のない曲」というものがありました
今回の聴楽にしても、一度では?だったのでした

二度目に行く前に、ちょっとネット情報を補強しましたが
第1楽章の2つの主題、特に第1主題は
いかにもラフマニノフらしいというか
ピアノ音楽の贅沢満喫といった巧みな変形を施され
楽曲全体に散りばめられているようですね

分厚い音響の中に、この主題が微かに存在を主張する
そんな箇所を聴き取って、「なるほどなぁ」なんて
「発見」を連続した感じの聴楽となりました
この投稿を書くまでに3回全曲を聴楽して
切り詰められた第3楽章に関しては
構成の妙を感じる取るために、5回目の聴楽まで行きました
ソナタと呼ぶことは出来るでしょうけど
私は、フランクの「前奏曲、コラールとフーガ」を思い出しましたね

曲の特徴を一たび知れば
個人的には、改訂版はちょっと短い(特に第3楽章が)気がします

ルヴィノヴァさんのピアノ鳴らし方は、とても壮大であると同時に
第2楽章冒頭の静けさとか、聴き所の間口が広いと感じますし
振幅の極端さが耳に残らないのが成功だと思いますよ
こういうのを「表現力」と言うのかなぁ
ラフマニノフのピアノ曲は、「インテンポ」で表現することの不可能な
天衣無縫というか、とにかく自在な趣があり
「ピアノ演奏のための機械的技量」のその先を試されるのでしょうね
今回はこの曲の魅力が初めて体感出来たのがラッキーなのでした☆



ブログランキングに参加中です
「ヨイんじゃないの」と押して頂けたら幸いです
  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ   

コメント 0

新着記事一覧