オルガン VS ベルリンフィル   サン=サーンス

これ以降に聴楽のどの演奏も、この録音と無意識に較べてしまいますね

KarajanSaintSaens3.jpg

サン=サーンス Camille Saint-Saens (1835-1921)
交響曲第3番 ハ短調 作品78 《オルガン》 
Symphony No.3 in C minor Op. 78 "Organ" (1886)
ピエール・コシュロー (オルガン) Pierre Cochereau (1924-1984)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
ヘルベルト・フォン・カラヤン Herbert von Karajan (1908-1989)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 400 063-2 (1981)
(中古:2013年9月、ディスクユニオン新宿にて購入)

この演奏の聴楽は、エアチェックが最初でしたね
高校生の頃でしたから、もう30年位は以前になりますが
当時のFM放送では、発売直後の新譜LPがかかっていて
番組表で狙いをつけては、録音していたものです

驚きましたね、管弦楽とは別録音のオルガンがとにかく凄い
それまでに、オーマンディ (Eugene Ormandy 1899-1985)指揮
フィラデルフィア管弦楽団の比較的落ち着いた演奏
これが唯一の聴楽機会でしたから、こりゃタマげた

パリのノートルダム聖堂のオルガンを別録りしていて
オルガンの機構的なものでしょうか
送風される空気の伝えるビリビリとした振動音が
強烈に入り、最初は編集ミスか?と思いそうになりました
おそらく、カラヤンからオルガンのストップ操作についても
念入りな注文が行っていると思うのです

このせいか、当録音は国内で知る限り、評価が高くありません、てか低い
私ですか?私は、拍手喝采させて頂きました
昔も今も、どうしてもこの盤には肩入れしてしまうのです
これはもう、カラヤンの演出方針からしたら、必然でしょう

おそらく、カラヤンの狙いは「オルガン対ベルリンフィル」なんですよ
管弦楽側は、特に金管楽器は全開の輝かしい瞬間が数多く現れる
トランペットの吹奏なんかは、超朗々と鳴らされていて
弦楽合奏も渾身の迫力で縦横無尽に動き回りますから
オルガンとの対決は本当に今でもドキドキしてしまいます

しかし、当時のベルリンフィルの機能美を
録音が実に鮮やかに捉えていると感じます
強奏弱奏の別なく、見事な集散を繰り返すオーケストラ
(弱奏だと第1楽章後半のピツィカートが続く所なんか特に…)

あまり目立たない点だと思いますが
最もテンポを無駄に動かさない演奏とも思っています

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR