アマデウスより先んじること約15年
ヨーゼフは既に悲しみを疾走させていたのでした


HogwoodHaydnBoxSet.jpg

ハイドン Joseph Haydn (1732-1809)
交響曲第44番ホ短調《悲しみ》 Symphony No.44 in E minor 'Trauer' (1772?)
アカデミー・オブ・エインシェント・ミュージック The Academy of Ancient Music
クリストファー・ホグウッド Christopher Hogwood (1941-)
デッカ (オワゾリール) Decca (L'Oiseau - Lyre) 480 6900 (1992)
(新品:2013年7月、タワーレコード.com にて購入)

特殊楽器は当然のこと、管弦楽の楽器全般がまだ確立されていない頃
少ない人数と楽器によって、作曲家はいかにして表現を拡大しようとしていたか
そう考えてみれば、ハイドンの交響曲を聴楽する楽しみは、いきなり無限大に!

日本人にとって、「第44番」という番号に「悲しみ」という標題
意外にインパクトのある組み合わせ化も知れませんが
(私にとっては曲の存在を知ってから33年目の初聴楽です)
ウエットな感じとは、まぁほぼ無縁であり
モーツァルトの40番の先輩という印象がすぐに形成されましたよ

第1、第2、第4楽章のただならぬ予感の音楽の中で
ハイドン自身が「自身の終い支度の締めくくりとして奏楽してちょ☆」
みたいな発言を残した第3楽章が本当に効いて来る感じですね
ここの旋律にしても、過度の甘さは排して
どこか凛としたものを耳に届けてくれるようです

あ!第1楽章で、弦の小刻みな動きの背景で
管が音を伸ばすモメントがありますが
モーツァルトの第1番第1楽章の冒頭部分を思い出しました
不思議ですね、モーツァルトは第1番を8才で作曲しましたから
ここの箇所は、もしかしたらハイドンの方が影響を受けているのかな?

でもって、弦の疾走に関しては
第40番他でモーツァルトの方が影響を受けているのでは
そう考えるのも不思議というか、実に面白いてか面白過ぎる☆

77年という当時としては長めの生涯の中
40才頃の作品ですが、ちょっと今までの印象と違う側面を見たというか
当時の非凡な作曲家の、いろいろな作曲の可能性を
試し続けて行くという地道な努力を垣間見させてくれます
そんな「やる気や才気」の目の詰まり具合の数々…
それらが今もハイドンの名を不滅にしている要素なんでしょうね

コメント 0

新着記事一覧