馴染みの楽器   テレマン

この曲の新しい録音が出てきたのは、嬉しい限り☆

OberlingerTelemann.jpg

テレマン Georg Philipp Telemann (1681-1767)
12の幻想曲 12 Fantasias TWV 40 2-13 (1732-33)
ドロテー・オベルリンガー (1969-, リコーダー) Dorothee Oberlinger (Recorder)
ドイツ・ハルモニア・ムンディ Deutsche Harmonia Mundi 88765445162 (2012)
(新品:2013年6月、タワーレコード秋葉原にて購入)

元々は横笛フルート (フラウト・トラヴェルソ) のための作品だそうですが
当時はどんな楽器を使用していたかは、記録に頼ることしか出来ませんしね
オーボーで演奏することもあるそうで
器楽奏者を惹き付ける何かがあるのでしょう

しかし、リコーダーでもアルペジオのようなパッセージって可能なんですね
全体的にフルートと比較した時のハンディキャップを全く感じません
沈静した空気と言うのかな
オルガンの慎ましやかな音に近いものも意識させられます

適度な寂寥感、しかし、なぜか安堵感も同時に来る

CDのブックレットには、収録風景の写真が載っていますが
唯一の奏者と、スタジオの拡がりの差が不思議に思えます
奏者の周囲に立てられたマイク、高い天井
それでも、僅か1本のリコーダーの音が
非常に薄い繊維のように、スタジオに行き渡る
飾り気のないスタジオが、何やら豪華にも感じられて来ます

そう言えば、この楽器は自分も小中学生の時には学校で吹かされていました
確か中学の時にアルトリコーダーを授業で使ったと思いますが
それまでのソプラノリコーダーに慣れた手には
特に低い音での指の扱いが難しかったと記憶しています

そんな馴染み深い楽器を、名手が自在に操っている
す、凄いと思いつつ、親しみも感じるわけです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR