両者が余裕かつ自信のパフォーマンスを展開していますね☆

KarajanWagnerGold.jpg

ワーグナー Richard Wagner (1813-1883)
歌劇《タンホイザーとヴァルトブルクの歌合戦》から「序曲」、「ヴェヌスベルクの音楽」
"Tannhauser and the Contest of Song on the Wartburg"
Overture (10:51), Venusberg Music (Baccanale) (12:54)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
ヘルベルト・フォン・カラヤン Herbert von Karajan (1908-1989)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 439 022-2 (1984)
(中古未開封:2013年2月、ディスクユニオン御茶ノ水にて購入)

カラヤン盤は、以前投稿したシノーポリ盤の《マイスタージンガー》前奏曲と同じく
20年以上前に初めて「ワーグナーってなかなかヨイな」と思った印象的な曲です
今回はゴールドシリーズでの復活なんですが、再生機器の進化なのか
当時以上に鮮烈な聴楽体験となり、大満足なんですね

今もワーグナーの楽劇は全くの未聴楽ですから、以前は尚更でして
交響曲でない管弦楽曲としては長尺の約25分、はっきり言って
「大丈夫か?つまらなかったら悲惨だよなぁ」とは思うものの
気持ちのどこかで「ヘルベルト翁であれば、かならず楽しませてくれる☆」
という期待が裏切られることはありませんでした。正直なところ
もしカラヤン盤がなければ、ワーグナーは今も未聴楽の謎の作曲家でしたね


SinopoliWagnerLienzi.jpg

Overture (14:02), Venusberg Music (Baccanale) (12:38)
ドレスデン国立歌劇場管弦楽団 Staatskapelle Dresden
ジュゼッペ・シノーポリ Giuseppe Sinopoli (1946-2001)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon (1995)
(新品:2013年3月、Amazon.co.jpにて購入)

カラヤンは、ベルリンの弦の「音圧」 (という言葉があればの話ですが)に
とにかく圧倒されまくる感じになります
リズム感とパッセージの区切りが非常に明白で
(フレーズ毎に「ギュッ、ギュッ」と締めて行くような)
「熱い楷書風」の展開にこちらの身体もヒートアップ☆

対してシノーポリは、序曲の有名なテーマでの金管群が
何と表現したらよいのか「超朗々」とした吹奏で
非常に脳髄を揺さぶれるような快感を得られます

カラヤンがドシドシと推進させて
「冷静なるやけくそ」的な突進力でこちらを圧倒させるように聴かせ
まるで指揮者が「お前ら俺について来れるもんなら来てみろや」
対する管弦楽は「御大、来やがったな~」という感じで応酬する
そんな闘いを想わせる凄絶な演奏になっている気がします
目の前に熱が凝集すると言えばいいのかな

シノーポリは、闘っているという感じとはまた別でしょうね
「思い切り歌ってみてよ☆」というか、熱さはまた別の「大らかさ」でもって
視界が非常に幅広く開けているように聴こえる
録音方針の違いもあるのでしょうが
非常にすっきりした全合奏を展開していると思います
パッセージの区切り方は、カラヤンよりも流線型と感じる

いやはや、両者ともに素晴らしいパフォーマンスですよ
しかし、この序曲の後半と、バッカナールの前半の盛り上がりって凄いですね
序曲が終わり、幕が開いて最初の場面での「つかみ」は
もう迫力満点で、リハーサルでも途中で止めるなんて出来なさそうですよ
実際、楽劇を映像で見たくなって来ているくらいです

コメント 0

新着記事一覧