「渾然一体音楽」   フランク

ずばり「そのもの」な曲名で損をしている気がしないでもありませんが
名曲とはそんな所に潜んでいるものなのかも知れませんね


GiuliniFranck.jpg

フランク Cesar Franck (1822-1890)
交響曲 ニ短調 Symphony in D minor (1888)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
カルロ・マリア・ジュリーニ Carlo Maria Giulini (1914-2005)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 419 605-2 (1986)
(中古:2012年10月、ディスクユニオン吉祥寺にて購入)

新しい録音が少ない印象がある有名曲、そんな認識です
このような事情で、録音はかなり前のものでありながら
私のプレーヤにかかったのがこの盤
ジュリーニは意外にも初の聴楽
私のClassical聴楽は、既に33年目に入っていますが
超有名人での未聴楽がまだまだ多いと改めて思います

聴楽していて、やはりBerlinerの音だと思います
とにかく音が「強い」。うるさいとか、そういうものではなく
かと言って過度に刺激が強いというのでもなく
ただ一言「強い」のですね
録音方針にもよるのでしょうが、「強く、暖かみのある」響きです
舞台の奏者の発する音と、聴楽子である私との間の大気が圧縮される感じ
あくまで「感じ」なんですが、これがベルリンフィルというか…
(ちょっと昔のグラモフォン録音といった趣でしょうか)

演奏時間は(20:23/11:57/12:15//43:35)と、かなりゆっくり目ですね
本で読んで覚えているだけではありますが
指揮者に対して遅めのテンポ運びをする人という印象もあります
しかし幸運にも、このテンポが曲の仕組みをわかり易くしているというか
少ない(おそらく一つの主題、またはその要素)素材が
巧みに展開されていく過程が、透けて見えるようで
とにかく「!次はどうなっているんだ?」という感覚で
最後まで聴楽してしまう訳ですね。ちょっと驚異的だ…
これがジュリーニの「匠」というものなのでしょうか…

第3楽章は特に印象的で、これまでの主題が美しく提示されながら
集約されて行く様を聴楽していて、非常に高い満足感を得られたと感じます
特別変わった楽器も使わずに、弦主体の音響と言いたい誘惑にかられますが
そうとも言い切れない、謎めいた大気を形成している曲のようにも…
管、弦という区別が陳腐に思えるような
純粋に「渾然一体音楽」と言える要素がこの曲にあるような気もします

だとすれば、やはり名人が指揮しないと
魅力が見つけにくい曲なのでしょう
録音がそれほど多くはないのもわかる気がします


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR