通販サイト履歴もどき

私がClassicalのCDを集め出したのは、1980年代の末頃でしたが
一時期関心が離れていたこともあり、「本格的」に始まってしまった(苦笑)のは
1990年代の終わり頃からだと思います

当時の自身の感覚としては、店舗の方がネットよりも勢いがありました
1995年位から認知され始めたネットの方は
まだ使い物としては疑問の方が大きかったという印象があります
しかし、少しずつですが「ネットの方が安価」という感触が増大して来ます

2000年くらいの時点で、HMV店舗の輸入盤価格は、大体2190~2290円で
これは現在の初発売時価格ですね
(おぼろげな記憶では、2300円台後半から、一気に上昇したような…)

実際のサイト利用は2000年の春くらいからで
当時は'CD NOW'の利用が嚆矢になりました(同時期にHMV Japanも)
そこから数年は、店舗・ネット並行の時期でしたが
不況の波はヒタヒタと進行し、2005年位だったんでしょうか
輸入盤価格がタワーレコード店舗の\2720、HMV店舗では\2825
この数字の変化が私には決定的でした

ネットの方も、大体この時期から優勢になって来たように思うのですが
実価格が限りなく店舗の50%に近くなり、下回ることも多くなると
人間というものは正直ですな(苦笑)

江戸時代でもそうだったと思うのですが
外国との関連が次第に不安とともに大きく取りざたされるがごとく
価格(黒船)の噂(てか実状)に、心の動揺は大きくなります(大袈裟)
攘夷の機運は全く感じられませんでしたが…
(実際には一業界の話ではなく、日本全体がポシャる可能性不少の昨今です)

現在、私の三種の神器はBerkshire record outlet, jpc, MDTでしょうか
一時期は、tower com.を利用していましたが
価格も高価ではないのに、殆ど話題に登らないのが不思議でした
先日、知人の注文したCDが最後の1秒の箇所で音飛びしてしまい
返品交換の手続きをしようと思い、helpを読んでみたら…
こちらは、international shippingに対しては、「莫大」なコストの関連で
return対応ではないようです(私が読んだ限りではそう解釈しました)

Box1.gif

その後に台頭して来たのは、MDTという感じになりました
(Berkshireとjpcは、送料の関係で一番手になることは難しい)
3つとも、国内サイトではいつ手に入るのか見当もつかない盤が
比較的容易に手に入ります。あ、一応Amazon.UKも点検して

距離というのは、非常に難しいもので
物理的には、国内サイトは窓口として最も近い場所にありながら
ヘタすると最も遠い場所になるという見方も可能なことがあります
自分と盤の間に何か挟まる毎に、入手(happy!)までの道のりは長くなるのか…

欠点ではありませんが、当然ながらネットの場合「すぐ手に入らない」です
その渇きはどこで癒すのか…、私の場合は中古店です
最近はネットで通販をやり出した所もありますが
ここでも、ネット価格とのせめぎ合いがあり
実際安くても、ほとんど違いのない場合は…です

送られて来た新品のケースが一部破損していたり
中古盤のケースがあまりにみすぼらしい、等といった場合は
ケースだけを、あらかじめ購入してあったものと交換します
特に中古の場合は、何だか新品を購入したような甘美な錯覚が…(苦笑)

今、国内HMV.comのウィッシュリストには、実はCDは登載されず
「CDプラケース1枚用30ケース入りパック」が入っています
そのうちレビュー(もちろん好意的な)も書こうと思っています
cdcase.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR