オルガン作家のピアノ界殴り込み   フランク

この曲を聴いて「やられた」と思った作曲家は多いだろうなぁ…
ChamayouFranck.jpg
フランク Cesar Franck (1822-1890)
前奏曲、コラールとフーガ Prelude, Choral et Fugue
ベルトラン・シャマユ Bertrand Chamayou (1981-)
ナイーヴ Naive V5208 (2009)

実演を聴楽して好きになった曲の一つです
鵜塚一子 Uzuka Kazuko さんという方のリサイタルでした
(2001年9月21日 津田ホール 日本ショパン協会 第204回例会)
ショパンのソナタ第3番が目当てだったのですが
いきなり最初の曲で来た来た来たぁ~☆
バッハ以降に、バッハに匹敵するワールドがあったとは…!
それくらいこの曲の印象は衝撃的でしたが
その時は、中間部のコラールで、全曲の中心主題が
凄味を持ってこちらに迫って来る緊迫感が今だに強く記憶されています

この曲の録音って、意外にない気がしますけど、どうなんでしょうね…
特に「最新」のものが少ない感じがするなぁ
(検索してもそれほどの数がない)
まとめるのに難度が高い曲という感じは非常に強くする曲ですが
もちっと人気出てもいいと思うんですけどね
キーシン (Evgeny Kissin 1971-) 盤も鮮烈だった以外には
なかなか目に留まりませんでしたが、意外な所から出て来ました
ちなみに、今回の盤は、全てフランクの曲で固めていて
この人の曲の録音の少なさに対する渇きを癒すに十分なものです

曲のタイトルに使われてるいる言葉は
大体はバッハのオルガン曲で馴染みになったようなものですが
バッハの時代からは時間が経過し
何とか先達と一味違うものを、と考えるのが真の芸術家でしょう
でもって時々思うのですが、後世の曲を聴楽する程に
音楽は、型に押し込められるのを逃れることで発展して来ている気がする…

大バッハ以上のガチガチのフーガ、みたいな音楽は出現しなかった
それよりも、より自由に奔放に音の流れを重視するような方向かな
フーガはもう音が溢れそうな勢いで進み
遂に長調の燦然とした輝きに充たされるコーダを聴いて
後戻りは嫌だ、でも、先に何があるのかもわからない
でもとにかく音を繋いで行く、というか
俺はこれで行くと決めたぞ、みたいな…
そんな作曲家の情熱を、この曲には強く感じます
(作曲時62才!40年振りのピアノ曲とのこと)

達人の演奏を聴楽する毎に
いつも声を挙げたくなる曲なんですよ
奏者のシャマユの個性のポイントはと聞かれても
ちょっと何とも決定出来ないんですが
知らない間に圧倒されてしまった、今はそれだけで十分でしょう
(来日もしていて、ブログとか読むと結構ウケているようです)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR