私は東京都の、見た目はそうでもないのですが
地図上でいうと、ほとんど都心に庵(平民用)がある故に
Classical を聴楽する身においては
ディスクユニオンにはお世話になること大であります

しかし、このお店との最初の出会いは、甚だよろしくないものでした
(原因は、全く持って私の勘違いから発するものでした)
初めて登場したのは御茶ノ水店でしたが
私の視界に入ったのは、運悪く新品CDだったんですね
(このお店は、主取り扱いが中古ですが、新品も併売している)
「坂の下にある石丸電気(懐)の新品と同じ値段ではないか」
「中古屋さんなのにどうして」なんて
すっかり意気消沈して帰途についた記憶があります
あと数歩でも店内奥に踏み込んでいたらなぁと思うのですが


ChamizuUkiyoe.jpg
「東都御茶の水」(歌川広重)

私の蒐集 (と言ってもCD100枚ちょっとですが)の約2割は
ここに世話になりました。私の蒐集理念(苦笑)は「少数精鋭」なんで
可能な限りは美盤を求め、レジカウンターでは自分で盤面を見て
でもってやっとのことで買っているという感じです
中古とはいえ、装丁含めた美盤が入手できれば
(独DGの背ジャケが日焼けで白くなってるとかをパスして)
帰庵後に、ケースを変えれば新品同様になります

某HMVの通販サイトの私のウィッシュリストには
CDケースのみ常に登録されております
このケースを取り替えて、盤を生まれ変わらせる瞬間
おぉ、この充実感よ!国内他店の新品との価格差の大きなことよ!
みたいな気持ちになる訳です。はい、バカです(笑)

購入した盤は、早めに聴楽してしまいます
自分でどんなに検盤してみたって、実際に聴楽しなければ
最後までちゃんと鳴る盤なのかわかりませんからねぇ
特に、流通量の少ない、状態の良い盤を見つけた時は尚更で
これが途中で同じ個所の再生を繰り返したり
電気的ノイズが「バチビチブチベチボチ!」なんて来た時の切なさよ!

ちゃんと「トラック何番のどの辺りとかで先に進みません」
と言えば返金して貰えますが
面倒な気もするんで、今までに一度やっただけですね
気分的には、その瞬間までは満足であった訳で
そんな時もあるだろ、みたいな感じです。今となっては
ここへの一般参賀は、休日前夜や休日当日の娯楽の一つとして
外すことのできない趣味となってしまいました(歓喜)

頻繁に「5枚まとめ買いで1割オフとかやっていますが」
ハンドマイクなしで張りのある声でセール宣伝中のお兄さんの前に
500円の盤1枚差し出して「中見てみたいんですけど」
なんていうのも、何とも言えない味があるものです

コメント 0

新着記事一覧