この曲ってこんなに凄い曲だったのか…いやいや参りました

ArabellaKchaturian.jpg

Khatchaturian (1903-1978)
Concerto for Violin and Orchestra
Arabella Steinbacher (violin)
City of Birmingham Symphony Orchestra
Sakari Oramo
Orfeo C 623 041 A (2003)

この曲は、過去にCDでも実演でも聴楽体験があります。が
いまいち、なんつーか、どんな曲だったか記憶がありませんで
平たく言えば「げげっつまんね~」って感じだったんですが
意外なところで大ヒット演奏が出て来てしまいました

聴楽記においても、頻出しているArabella Steinbacher
(アラベラ・シュタインバッハー 1981-)
以前にここで書いたShostakovichは、後からのリリースになり
今回のこちらは、CDデビューです
パフォーマンスの驚異的な安定度は、この盤で既に全開でした

この曲の最初の売りの部分であろう
第1楽章の第1主題ですが、意外にもここをサッと通過してしまいます
奏者によっては渾身の力を込めてガリガリ進める所なんですが
意外にも、軽やかな感じで運んで行きます
まぁ既にこれが後に続く布石になっていることを
聴楽を続けて行くうちに、もう本当に納得してしまうことになります

今まで聴楽した演奏が、第1楽章でハッタリかまし過ぎて
なんだか未整理、散漫な印象になるのを
この盤のアラベラ嬢が回避出来ている要因は何か?

第1楽章は、まず第1主題で淡々と挨拶してから
以降カデンツァに向かって次第に盛り上がって行くというか
強烈に疾走するという印象でもないのですが
インテンポでするすると進んで行くので、とにかく爽快なんですね
変に独善的なテンポのいじり方を全くしていないようなので
大きく上下するパッセージをどんどん切り抜けて行く内に
聴楽しているこちらがバンバン盛り上がって来てしまうというマジックです☆
緻密さをどんどん凝縮して行くと、静かな興奮の坩堝になって行くような…すげぇ

曲の中身の話をすると、カデンツァから第1主題の要素に復帰して行く
その過程が巧妙でカッコいいと思います
第2楽章でも、精密な技巧の展覧会にオーケストラがハッスルしているのか
後半の盛り上がりでやけに爆発しているのが愉快ですよ

第3楽章は、主題のリズムに面白い仕掛けがしてあって
これはハチャトゥリアンの作曲傾向として目立つ特徴でもありますが
ここでも淡々と始めて、ぎくしゃくした感じを強調せずに
更に鋭く鮮やかな芸を聴楽する耳に放り込んで来る感じになります
いや~、楽章途中でも自然に拍手したくなって来ますもん
あぁでも協奏曲って、元々そういう風に反応したくなるもんなんでしょう!

Bookletにはどこにも書いていないのですが
この盤はライブ録音なんじゃないでしょうか
結構演奏する側からも、聴衆の方からの咳き込みも聴こえて来るような気がします
拍手は収録されていませんが
物凄い拍手が聞こえて来ても全くおかしくない演奏だと感じますねぇ


コメント 0

新着記事一覧