突然に出現したピアノソナタ全集   プロコフィエフ

いやはや、これにはやられましたねぇ。うまい☆

ValerioProkofievSonata.jpg

Prokofiev (1891-1953)
11 Piano Sonatas (Complete Version)
Matteo Valerio (piano)
Phoenix Classics PH 03910 (2003-2004)

この盤を最初に見かけたのは、去年の春頃かな
第5番を原典、改訂の両版、未完の第10番ホ短調 Op. 137も収録と
なかなかの意欲的企画が印象に残っていました
レーベル、奏者とも全く未知でして
ジャケットの装丁は、これ以上ないような簡素な造り
(イラストのプロコは、画家アンリ・マティスのスケッチです)
内心は「はたして大丈夫なのこれ?」
そんな不安がなかった訳ではありません
てか、不安ありまくりといった所です(苦笑)

ただ、Amazon. uk で意外にも試聴が可能でした
ちょっと聴楽した限りでは、まことにキッチリした鳴りっぷり
ということで、可能性を信じての購入でした

奏者はMatteo Valerio (マテオ・バレリオ 1973-)
検索はしてみたのですが、イタリア語のものしかなく
今回盤の中の解説で初めて、経歴の概略がわかった次第

ただ、非常な短文ながら、第10番についての本人コメントがあり
「ある録音について、不可解な点がある」とのこと。この「ある録音」とは
おそらくは Barbara Nissman (バーバラ・ニスマン pierian) 盤のことでしょう
(第7番がいい演奏だと思います)

私は彼女の録音を聴楽したことがありますが
この演奏は、残された (とされる) 44 (43 ?) 小節全部を再現していません
32小節辺りの強烈な不協和音の辺りで終わっています

もう一つ、Chandos の、Boris Berman (ボリス・ベルマン 1948-) 盤では
この不協和音のあと、10小節程度
何とも印象的な甘い旋律が繋がっていますね。インパクトありますよ
(Valerio 盤もこの線に沿っています)
この旋律は、伴奏の和声も消え
裸の旋律が数小節続いた後、フッと消え入るのですが
まとまらない感慨のようなものが、聴楽の度に来ますねぇ…
最後の音こそ、作品番号的にはプロコフィエフの書いた
正に最後の音なのですから…

さて、この Valerio 盤についてですが
11曲全体の水準てか満足度でいうと
正直に、今まで聴楽したソナタ全集中、「最高」だと思います
各曲の演奏時間は、他の録音に比して
全曲で、約1分から2分長くなっています
あまりモタついた感じは、Prokofiev World をブチ壊す原因となりますが…

ところが、ブチ壊すどころか、初めて曲の仕掛けというか
巧妙に作られた構造がよく耳に届く、優れた演奏だと思うんです
今までの録音では、大体は難所に来ると妙なタメが入ったり
はっきりわかってしまう残念な減速が聴楽されていましたが
マテオ氏は、最初からそこを計算済みなのか、淡々としたテンポで始め
難所でもそのままの調子で突入して、切り抜けてしまうのでした

私が一番心配していた、第6ソナタ冒頭、第8ソナタの第1楽章コーダ
(ここは0.5秒ほど一瞬惜しいタメがあるようですが、出来を汚すものではありません)
第3楽章も素晴らしい明晰さで通過。疾風のような迫力は伝わりにくいですが
一貫したテンポで押して行く凄味みたいなものを感じるんですね
(第3ソナタの構成の巧みさも初めてわかりました)
全体的に、アルペジオ等、いくらでもごまかせるような箇所でも
思わず耳を開いてしまうような律儀さで鳴らしているのが愉しいですよ

第8ソナタの燦然と輝くコーダが終わると同時に大拍手してしまいました☆

聴楽前の心配と、その後の爽快感がここまで対照的な体験は久しぶりですね
最近は、なかなかこのような「発掘」はないのが現状ですが
これからも何度か遭遇できるといいなぁ、なんて思うのです

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

>よんちゃん (さん)

私は、東京銀座の山野楽器本店で購入しました
Amazon だと、配信による購入しか見つかりませんね
Tower Records Online (日本のサイト)で製品盤がヒットしましたよ
さすがマイナーレーベル、値は張りますね

他にもあると思いますが
Matteo Valerio, Phoenix Classics, Prokofiev 等
いろいろなキーワードでお試しになってみてはと思います?

教えてください

こんにちは。

僕はプロコフィエフが大好きです。
全作品を網羅したくて、CDを少しずつ買い揃えようと思っています。

今回紹介されたCDに興味を持ちました。
どこから購入されたか教えてください。
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR