自然に耳に届く  J.S.バッハ

「心にしみる」という言葉を敢えて使いたくなりました

HiromiIkeiArsProduktion.jpg

J.S.バッハ J.S.Bach (1685-1750)
トッカータホ短調BWV.914 Toccata E-Moll BWV.914
6つの小前奏曲集BWV.933-938 Sechs Kleine Präludien BWV.933-938
フランス組曲ハ短調BWV.813 Französische Suite C-Moll BWV.813
フランス組曲ロ短調BWV.831 Französische Suite H-Moll BWV.831
池井博美 (ピアノ) Hiromi Ikei (1983-)
アルス・プロダクツィオン Ars Produktion ARS 38 172 (2014)

実に端正なモダンピアノのバッハ
自然な時間が進行する

薄く日の当たる窓際で外を見ている
すぐ近くでバッハを練習している音が聞こえる
別の考え事をしているので、ちゃんと聴いてはいない
しかし、耳にはしっかりとバッハが入って来る
別のことを考えつつ、バッハは耳に入るがままにさせておく
そんな雰囲気で過ごす約60分間

大気に自然に音が溶け込むとはこういうことを言うのかな
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR