時を経て届く充実の芸   ヒンデミット

今年、この人のことを書かずに終わることは出来ないのでした☆
恥ずかしいことに、没後50年の年だというのを最近まで気づけなかったんです

HindemithDG.jpg

ヒンデミット Paul Hindemith (1895-1963)
交響曲『画家マティス』 Symphony "Mathis der Maler" (1934)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 Berliner Philharmoniker
パウル・ヒンデミット Paul Hindemith
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 474 770-2 (1955)
(未開封中古:2013年10月、ディスクユニオン御茶ノ水にて購入)

1955年の録音ということは、私の生まれる10年前の話で
当然モノラル録音なんですが、意外にいい音です
近年のリマスター技術の向上を感じずにはいられません
音の遠近感や、脇役の金属打楽器の響きなど
思ったよりもという印象です
音の張りは、もう「これはベルリンフィル」という感じの厚さです
これはもう時を経ていても変わらないのですね
「伝統」というものを感じてしまう瞬間でしょうか
特に今回は作曲者の指揮による自演という緊張感が
もしかしたら、こちらの耳に特別に作用しているかも知れません

第1楽章「天使の合奏」 (09:05)
第2楽章「埋葬」 (05:02)
第3楽章「聖アントニウスの試練」 (13:21)

同名の歌劇の素材を元に作曲されてまして
各楽章にはタイトルがあります
プロットとは、つかず離れずという印象かなぁ
(Wikiで読んだ限りでは、普遍的ながら、考えさせられるものです)
まぁここから、更に自由な想像を巡らせるのが実に楽しいのですね

この曲は、総譜のテンポ指示の影響なのか
今まで聴いたどの録音も、ほぼ同じような演奏時間ですが
それでも指揮者と楽団により、少しずつ何かが違って来ていて
その微妙な差異を愉しむのが一つのポイントでしょうか

ヒンデミットは、雄大な部分は思い切り拡げて
速度を増す箇所に来ると、楽隊を煽るような感じの行き方かな
実に技術の限界を試すような瞬間もあり
特に第3楽章の構成は、さすが本家本元という感じがします

今回なぜそう感じたかというと
この楽章は、何とはなしに、最後の金管群の合唱を待っているような
我慢とまでは行かないが、まぁそう遠くない気分で聴楽していたかもねぇ…
今回は、そこに辿り着くまでの過程を実に楽しめた気分がするのですね
緊張感が楽章全体を一つのクレッシェンドに仕立てているというのか?

でもって当然ながら、楽曲の接続的な部分でのタメや間の取り方
これにはやはり唸ってしまうような自然さがあります
自作でもって名楽団を挑発する余裕の指揮芸ですな☆
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR