悲嘆、回想、慰めの場   R・シュトラウス

CDのジャケットですが、ご覧の通り、ブルックナーメインです
ただ、概念としては、シュトラウスの曲に向けて作成されているように思えます

シノーポリは、この曲の初演の年に生まれているんですね

SinopoliBrucknerSym8.jpg

リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss (1864-1949)
メタモルフォーゼン (《変容》) 23の独奏弦楽器のための習作
Metamorphosen, Study for 23 Solo Strings (1946)
シュターツカペレ・ドレスデン Staatskapelle Dresden
ジュゼッペ・シノーポリ Giuseppe Sinopoli (1946-2001)
ドイツ・グラモフォン Deutsche Grammophon 447 744-2 (1994)
(中古:2013年1月、ディスクユニオン吉祥寺にて購入)

シュトラウスは、幕末から、第2次大戦後まで生きる長寿の人でした
初演の年は、彼が81才になる年で、最晩年の作曲です
どちらかと言えば、明るい方を向いた曲を書いた人の印象がありますが
馴染みの劇場の戦災による消失など
敗戦寸前から作曲を始められたことによる影響か
仄暗い趣に支配された音楽です

編成は以下の23名
ヴァイオリン 10、ヴィオラ 5、チェロ 5、コントラバス 3

最初の立ち上がりは、ゆっくりと上昇する、しかし
その旋律線は屈折していて、異様な時間開始の予感が…
(短調長調を超えているが、無調的ではない)
もう何もかもが絶望感に満ちて、臥せっている中
ふと顔を上げて、窓から遠方を眺めているような感覚というのかなぁ
見える景色は、破壊され尽くした母国だ

最初の旋律を自由に変形し、途切れることなく続く28分40秒
この「終わらない感じ」というのが実に気持ち的に良いのです
現実には敗戦間際の虚無的な時間が支配しているのですが
音楽は、連綿と綴られる音の波が押し寄せて
僅かに日常からの逃避できる「場」を届けてくれるのでしょうか

時々、中間部では平和な頃を思い出しているのか
光が差すような、長調的な慰めの瞬間はあるのですが
弦楽器の、やや熱を帯びた合奏は
その瞬間にも微かな哀しみを散りばめて、止むことがない

弦楽器の胴体の色は、茶色系の色という印象がありますが
想像の中では、この茶色が明るみを帯びたり、時に濃くなったりと
精妙なグラデーションの緩やかな変化を想像させますね
その茶は、曲の末尾に近づくに従って暗さを帯び始め
最後は全てが静かに闇の中に包まれて行くのでしょう

悲劇的というよりは、何となくですが
弦楽器の暖かみある音から感じられる感覚ですが
静かな落着き場所を与えられ、全ての活動が停止する…
そんな気分にさせられるのです。私は、悲しさに包まれつつも
どこか静かな場所を得た安堵感があるように思えるのです

実演で聴楽してみたい曲ですね
拍手は最後の音が終わっても、しばらくはしないのがよいかなぁ
プロフィール

quietplace

Author:quietplace
聴楽記へようこそ!
関心事を書きちらしています。

FC2カウンター
ブログランキング
以下のランキングに参加中です

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
日本ブログ村 PVランキング
よくわかりませんが、取り敢えず装着してみました。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
ブロとも

染のブログ
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR