FC2ブログ

聴楽記

Top Page » Next
2020-09-15 (Tue)

映画『2人のローマ教皇』☆

最近加入したNetflixで何気なくクリックした映画…最後まで見ちゃったよ☆『2人のローマ教皇』 (The Two Popes 2017。英伊亜米)アンソニー・ホプキンス (教皇ベネディクト16世、ヨーゼフ・アロイス・ラツィンガー枢機卿)ジョナサン・プライス (ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿、教皇フランシスコ)監督 フェルナンド・メイレレスネットフリックスのオリジナル映画なんだね2013年に辞任した教皇ベネディクト16世と次(当代)の教皇フ...

… 続きを読む

最近加入したNetflixで何気なくクリックした映画…最後まで見ちゃったよ☆

a0087957_10232887.jpg
『2人のローマ教皇』 (The Two Popes 2017。英伊亜米)
アンソニー・ホプキンス (教皇ベネディクト16世、ヨーゼフ・アロイス・ラツィンガー枢機卿)
ジョナサン・プライス (ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿、教皇フランシスコ)
監督 フェルナンド・メイレレス

ネットフリックスのオリジナル映画なんだね
2013年に辞任した教皇ベネディクト16世と
次(当代)の教皇フランシスコとなるベルゴリオ枢機卿との対話で進む125分
私はキリスト教カトリックの信者でも何でもないんだけど
イタリアの総本山バチカン市国の何とも落ち着いた佇まいは以前から好きでね
フランシスコさん(パパさま)は去年教皇として来日していたし
少し前に33日間の在任で亡くなったヨハネ・パウロ1世についての本を読んでいて
(私はこのヨハネ・パウロ1世にどういう訳か、とても共感するところがあるんだ)
入手する書籍もバチカンや教皇づいているところに、良いタイミングだったよ

まず、主演の2人なんだけど
実際の教皇に2人とも雰囲気がとても近いのが面白いし、マジ似てる☆
(特にアンソニー・ホプキンスは「え」と思うくらい雰囲気が似てるかも)
現実のバチカンは近年様々なスキャンダルで揺れることが少なくない
高齢のこともあり、辞任を密かに考えるベネディクト
枢機卿辞任を願い出たベルゴリオはローマに向かう
教皇の別荘であるガンドルフォ宮殿で神と教会の役目についての2人の対話が交わされる
(実際にはこの展開は当然フィクションだよ)

対話のうちに、2人にはそれぞれの葛藤があり
(ラツィンガーの場合は、就任後の様々な国際的軋轢やバチカン内の紛糾)
特にベルゴリオの若い頃の苦い体験は深く掘り下げられている
(ベルゴリオのこの辺はWikipediaや数多の書籍で詳しくわかるよ)
対話の内に、非常に微かな共感として考えてもよいものが
2人の間に形成されていく過程が醍醐味だと思う
この点で、とても静かな力が籠った映像だと感じるよ
2人はお互いの葛藤と罪の意識に対して許しを与えるんだわ
最初は対話の背景にいろいろな自然音 (別荘の庭なんで) が入り
どこか両者の間に壁があるように感じさせるんだけど
舞台がバチカンに移ると、対話以外にはほぼ音が聞こえて来ない感じがする
雑音の壁が取り払われて、言葉と言葉の真摯のぶつかり合いがあると思う
ぶつからないとわからないものがあるんだと感じさせられるよ

私の一番好きなシーンは
許しをお互いに与えた2人が小部屋の外に出ると
そこはコンクラーヴェ (教皇選挙) が行われるシスティーナ礼拝堂で
見学の一般の人が大勢いる
そこに何と教皇が出て来たもんだから、最初は皆驚くんだけど、すぐ笑顔になる
すぐに「パーパ、パーパ」(教皇は信者からはパパ様と呼ばれる)と囲まれるんだよ
(教皇は実際に毎週一般信者と謁見していて、かなり盛り上がっている動画が沢山ある)
ベネディクトはちょっと面食らった感じで自撮りなんかに応じてるんだけど
どこか嬉しそうなはにかんだ表情が最高にイイんだ☆
ラツィンガーは、実際にも研究者的なキャラクターが確立していて
もしかしたらだよ、庶民派のベルゴリオに淡い羨望みたいのはあったかも知れないな
でも、それはそれでいいじゃないか
信者たちに囲まれたベネディクトの表情が全ての結果なんだよな
「厳しい状況の中で、あなただって最善を尽くしたではないか!」これこそ祝福なんだろうね☆

ベルゴリオはどちらかというと、一般人のそばで一筋50年みたいな人だから
この様子をみて何か心を動かされたに違いない
心のどこかに確固たる自信を得た、これまたイイ表情にこちらも嬉しくなるわい☆

20191125at39S_p.jpg
昨年秋に来日時の教皇フランシスコ
カシオの1000円くらいの腕時計(本人談)に
日本語のロゴ入り法被がカッコいいなぁ☆

他に「お」と思ったシーンをいくつか…
まずラストシーン
当代先代2人の教皇は
2014年のサッカーW杯を2人揃ってTV観戦するんだよね
(教皇フランシスコは2013年選出。翌年のW杯決勝はドイツ1-0アルゼンチン)
ベルゴリオはアルゼンチン出身で初の南米からの教皇
(亜のサン・ロレンソFCの会員とのこと)
ラツィンガーはドイツ出身(FCバイエルン・ミュンヘンの会員とのこと)
ベルゴリオは、いかにもな感じでチャンスに派手に一喜一憂が愉快
延長でドイツが決めるんだけど
淡々としたラツィンガーは一言「プラーヴォ」が面白い
穏やかで良い場面なのでしたなり☆

あともう一つ、実際のベネディクト16世の趣味はピアノ演奏で
劇中の別荘でも、ベルゴリオにスメタナを聴かせるところがある
弾いていたピアノはYAMAHAのアップライトだった
(ベネディクトがスイッチを入れているような感じだったので、もしかしたら電子ピアノかも)
「子守歌」という曲だが、ベルゴリオはここで若い頃の苦い記憶(失恋)に引き込まれるんだな
この時のベルゴリオのどこか放心したような表情がとにかく印象的だなぁ

アンソニー・ホプキンスは、少し前の『ハンニバル』で
狂気のレクター博士を演じていたけど、その時は確かフィレンツェの図書館で
ゴルトベルク変奏曲のアリアを弾いていたね
映画をいくつも見ていると
「そうだ、ああいうのもあったな」と気づくのが楽しいよね☆
2020-09-12 (Sat)

音源管理ソフトを違うのに変えてみた☆

ひょんなことから、我が庵のPCに入ってる音源管理ソフトを変えてみた今まではMediaMonkeyというのを使用していたんだよね起動後の表示速度が遅いと感じていたのでいろいろとネット上の評判を参考にしつつTunebrowserというやつに変えてみたんだ(製作しているのは、おそらく日本の人だと思うけど、そうなのかな)これはquietplace使用のtunebrowserのスクリーンショットだよこれは「当たり」だと思うんよ音源管理ソフトにはそれぞれ...

… 続きを読む

ひょんなことから、我が庵のPCに入ってる音源管理ソフトを変えてみた
今まではMediaMonkeyというのを使用していたんだよね
起動後の表示速度が遅いと感じていたので
いろいろとネット上の評判を参考にしつつ
Tunebrowserというやつに変えてみたんだ
(製作しているのは、おそらく日本の人だと思うけど、そうなのかな)

2020-09-12 (1)
これはquietplace使用のtunebrowserのスクリーンショットだよ

これは「当たり」だと思うんよ
音源管理ソフトにはそれぞれの個性があるからさ
これが「絶対」というのはないよ
でもさ、なんか個人が製作しているものにしては
かなり手が込んでいると感じる

管理してる音源はクラシックとジャズ。基本フリーで使用可能だけれども
収蔵するトラック数制限のことを考えて
税込み3080円でフルバージョン使用のためのライセンスキーを取得したよ
扱えるトラックの数も制限がなくなるんで、よかった…のかな☆

乗り換えて良かった点の最大の部分は「音がいい」ということ
PC標準内蔵のスピーカーでも、結構ちゃんと聞こえることに少し驚いた
ネット上の評価をいくつか読んでみると
音に関しては「独自のエンジンを使用とある」
詳しいことなんてほぼ全くわからないけどさ
実際に以前よりも「良い音」が耳に入ると、もうどうにもって感じになるね☆

Mediamonkey使用時の操作のクセがもう染み込んでるからなぁ
休みの日にはあーでもないこーどもないとキーを叩きつつ
いろいろと試行錯誤しては、少しずつ満足感が高まるのが嬉しいよ

以前はCPUの負荷のせいか、表示しないことにしていた結構以前の録音も
結構瞬時にジャケットが表示されたりする
これでちょっと以前の巨匠たち、アバド、カラヤン、バーンスタイン、シノーポリなども
ジャケットを一望出来るのに愉悦を感じる

いやはや…アバドでさえ6年前に天に昇ったのかと思うと
時間の経つのが早いと強く思う
CD全盛時代の後半に出て来たような若手も、いまや中堅だもんな
グリモーさんなんてもうヘタすると「巨匠」の領域かも知れないし
考えてみりゃユンディはアラフォー、ユジャワンやアリスもアラサー
14才で聴楽を開始した私が今年55才なんだからねぇ☆
私が初めて貪るように読んだクラシック音楽案内のムックでは
ブーレーズが丁度今の私と同じ年齢だったなんて!
これからもいろんな角度から楽しめると思うと、なんとも言えず気分はよろしいぞ☆
2020-09-09 (Wed)

変化なき日常って貴重だわ☆

このブログ『聴楽記』はFC2ブログで書いているものなんだけど不思議なことに8月12日から、9月2日までアクセス解析が機能していなかったこのサービスは、当ブログが存在感がほとんどないか全くもってないか推測する意味ではなかなか重宝していたんだけど(何にしても、0.00よりは0.01の方がマシなんだから)それすらわからない期間があったんでそろそろFC2は事業を解散するのかと思ってたよ私が一番興味あるのは、日本のどの辺りの人...

… 続きを読む

このブログ『聴楽記』はFC2ブログで書いているものなんだけど
不思議なことに8月12日から、9月2日まで
アクセス解析が機能していなかった
このサービスは、当ブログが存在感がほとんどないか
全くもってないか推測する意味ではなかなか重宝していたんだけど
(何にしても、0.00よりは0.01の方がマシなんだから)
それすらわからない期間があったんで
そろそろFC2は事業を解散するのかと思ってたよ

私が一番興味あるのは、日本のどの辺りの人が見に来ているかってことだな
閲覧したのが東京都内からだけだと何となく寂しい気がするし
10県以上からのアクセスがあったりすると、意外に嬉しかったりするんだよね
(間違ってクリックした結果もあるだろうが)

さて、素晴らしいことに私quietplaceの日常は、特に大きな変化はない
やはりこういう状況こそhappyなんだと実感するよ
こういうのが細々と続いて行って欲しいと思うんだ☆

コロナ渦で深刻な状況にある人は少なくないと思うけど
そういうことを直接気にしなければならない人間も、また私ではないのだから
何とか普通を保持して暮らすだけだなぁと思う

コロナ関連の情報は、完全にout of dateになっている感じがする
感染者数のニュースがポータルサイトのトップに出ない日もチラホラだ
もしかして、これこそがwith coronaなのかも知れないね
おそらく既に飽きられたんだろう
みんな次の話題に飢えている感じマンマンだね

「そういえば、何でマスクなんか身につけてるんだろう」
そんな風に思う瞬間が最近増えて来てる
休日にちょっと外に出る時も、庵のドアのところで「あ」と気づくような感じだよ

首相選びも特に面白いことはなさそうだね
非常識な独裁者は困るし、仕事もプライベートも適当なやつは願い下げだし
最低限、下々の民に対する「羞恥心」だけは持っているやつというのが条件だ
だって、これが備わってないやつがのさばってるような空気が何だか濃厚だし☆
2020-09-03 (Thu)

少数精鋭のシンプルなアイディアで最大の効果☆   プロコフィエフ

好きな作曲家の音楽は、どうにかして好きになりたい!今回はそれが上手くいったと思うぞ☆プロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)交響組曲《エジプトの夜》作品61 (1934年)Symphonic Suite “Egyptian Nights” Op.61 (1934)ロシア国立交響楽団 Russian State Symphonic Orchestraヴァレリー・ポリャンスキー (指揮) Valery Polyansky (conductor)シャンドス Chandos CHAN 10056 (2002)英国の音楽Shop、プレストクラシカ...

… 続きを読む

好きな作曲家の音楽は、どうにかして好きになりたい!
今回はそれが上手くいったと思うぞ☆

Egyptian Nights

プロコフィエフ Sergey Prokofiev (1891-1953)
交響組曲《エジプトの夜》作品61 (1934年)
Symphonic Suite “Egyptian Nights” Op.61 (1934)
ロシア国立交響楽団 Russian State Symphonic Orchestra
ヴァレリー・ポリャンスキー (指揮) Valery Polyansky (conductor)
シャンドス Chandos CHAN 10056 (2002)

英国の音楽Shop、プレストクラシカルでは
ChandosのCDや音源が40%で10月までオファーしていることもあり
新しい人たちの魅力的な新録音登場への期待と同時に
私自身の音源ライブラリの充実も考え、ダウンロード購入をしています
CDのリッピングと比較すると
ブックレットやジャケットのデータも一緒についているので
今回は違うけど、歌詞のある作品なんかの場合は、大変便利なわけです

いろいろな音楽サイトでは、Major Composerの一人であるプロコフィエフですが
この交響組曲『エジプトの夜』はかなり地味な存在ですね
彼の管弦楽曲の中で最も目立たないものの一つではないかな

プロコフィエフとエジプトって、なかなかに意外な組み合わせが…イイ☆
ジャケットも摩訶不思議な感じで…イイ☆

1933年のモスクワ、カメルニー劇場のプロジェクトへの付随音楽が元になってます
2つの戯曲、1つの詩 (断片)を組み合わせる計画でしたが
その中の一つシェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ』にかなりのウェイトがかかったようです
残りといっても、バーナード・ショーの戯曲とプーシキンの詩ですから、無名では全くないけれど
シェイクスピアの存在がデカ過ぎたんでしょうかね (各書籍の見解ではそうなってる)
カメルニー劇場は比較的小さな施設でしたので
音楽も、小編成でありながらしっかり効果を発揮するようにプロコは工夫したそうだ

交響組曲としては、どこか響きが簡素な感じがするのは
元となる上演規模が小さめのものということから来ているのでしょう
組曲の方が劇よりも先に初演されてます

1. エジプトの夜  Night in Egypt, Adagio (01:43)
2. シーザー、スフィンクスとクレオパトラ  Caesar, the Sphinx and Cleopatra, Andantino (3:00)
3. 警報  The Alarm, Allegro inquieto (1:05)
4. 踊り  Dances, Allegretto (2:44)
5. アントニー  Anthony, Andante mosso (4:12)
6. クレオパトラの破滅  The Fall of Cleopatra, Lento doloroso (5:23)
7. ローマ軍  Roma militaris, Andante maestoso (3:57)

今回初めてシェイクスピアの戯曲の内容と
クレオパトラについて検索してみたのですが、実は彼女はギリシア系なんで
現代の私らが想像するエジプトの人とは肌の色が違うんですね
それから正確にはクレオパトラ「7世」なんだそうで、それも初めて知りました
意外に知らないことって本当にどこに潜んでるかわからないですよね
史実がどこまで本当かなんてわかりませんが
彼女の生涯は本当に地政学的に翻弄されたもののようです

この曲への私自身の印象は、また変化というか進化しました
まさに小さな劇場での上演において
最大限の効果を発揮を意図するプロコのアイディアは凄いものがある☆
音楽自体の響きも独特で、曲どうしのコントラストも結構激しい
聴楽してすぐに編成が小さいのではと感じ取れるのですが
音楽そのものは、正にプロコフィエフ風の豪壮なものであることがわかる

全体にライトモティーフを用いて展開するというよりも
純粋な伴奏音楽として耳に心地よいのだな
しかし第2曲では、実に存在感の強い作曲者後期様式の旋律が出て来ます
音程的、和声的にかなり大胆かつ強引でありながら
実に平明で静かな明るさをもたらすメロディ、これぞプロコ☆

この旋律は第6曲において帰って来るのですが
おそらくは死を覚悟したクレオパトラの記憶に蘇る「過去の幸福だった時間」
追い詰められた人間の正に最後の時が迫る、しかしその刹那
現実を束の間吹き飛ばすような安らぎの瞬間が訪れるように思えます
あぁクレオパトラは幸福の記憶に導かれて死んでいくのだ
悲しい結末ではあるが、これで良かったのかも知れない、という風に感じるのです

音楽そのものを聴楽するのは勿論楽しいのですが
その背景に潜む何かを自由に想像すると
今までそれほど強く惹かれなかった音楽でも
突如として大きな重みを持って耳に迫ってくるような時があるのですね
大好きな作曲家の地味な音楽でこの感覚を持てたことが実に嬉しいですよ☆
2020-08-28 (Fri)

特別暑い一日だったよな☆

今日は始業時間は10:00のいわゆる「中勤」でごわした☆よってお昼休みは16:20からになったわけ自販機の内容を精査してみれば…私の好むメロムパン(しかもチョコチップ入りとは華やかだ)があるではないか!いつも100円だしと思いつつ嬉々として100円硬貨を投入しようとしたところ…メロムパンのすぐ下にある価格表を見ると…!何と390円と表示されているではないか(怒)!(安倍首相辞任で負の方向に価格破壊か?とか思ってしまったでは...

… 続きを読む

今日は始業時間は10:00のいわゆる「中勤」でごわした☆
よってお昼休みは16:20からになったわけ
自販機の内容を精査してみれば…
私の好むメロムパン(しかもチョコチップ入りとは華やかだ)があるではないか!
いつも100円だしと思いつつ嬉々として100円硬貨を投入しようとしたところ…
メロムパンのすぐ下にある価格表を見ると…!
何と390円と表示されているではないか(怒)!
(安倍首相辞任で負の方向に価格破壊か?とか思ってしまったではないか)

まぁ間違えたんだなという結論だが
はっきり言って「ふざけんな!」なのだな
しかしだよ、このように自販機に商品を準備する仕事というのは
いわゆる「現業」なんだよね
この現業というのは業務内容がシンプルなだけに
一度間違えると影響が大だったりするんだよね
デスクワークとかの知的労働とはちょっとそこら辺が違って来る

私の仕事だって物流系の明治維新以後の現業国内最大規模の組織だからさ
一瞬は腹立つんだけどね、でもさ、そこで思うのよ
「やっぱどうしたって人間は間違える時があるんだよなぁ」と思うわけさ☆

で気持ちを入れ替えて、ツナと高菜のおにぎりを買って、食堂でテレビ見てたらさ
安倍首相辞任の映像が流れてるわけ。あぁやはりと
もう2日前から作家の内田樹(たつる)氏の記事が印象的だったね
「安倍首相の辞任に関しての予定原稿の話を2件受けた」ってさ

ころな系記者会見だと、小池さんにしても安倍さんにしても大した話じゃなかったけど
今回はストレートに来たね。まぁお疲れ様というところだねぇ
あれだけ執着していた五輪もこりゃ中止だわ。これも仕方ないところだろう
息抜きよりも今は暮らしなんだからさ。厳しい立場の人たちに合わせないとね

政権継続日数の最高記録を樹立した途端の辞任
私ははっきり言って、2度に渡る安倍政権で何がなされたのか
すぐには想起できなかったし、実は今も自力では想起できてない
この点に関しては橋下徹氏が彼らしいコメントをしてくれて助かった
(合衆国(と言ってもメキシコじゃないよ)政権との協調路線の維持とかだよ)

ある意味の「わかりにくさ」が安倍政権の特徴だったのかも知れないよ
安倍政権は国民のことを知らなかったと言えるし
私らも安倍政権のことを知らなかった最後まで…。不幸だよね
最長の政権を維持した首相であるのと同時に
「2度病気で辞めた人」という印象がかなり強力なのは残念だ
国民一般の印象はここに行ってしまうのは避けられないよな
これを持って安倍さんの評価とするのは過酷とは思うけど妥当だとも感じるよ

何が成果だったのかもよくわからん
そんな感じでありながら、私は普通に暮らしてた
コロナに押されまくっても、明日のご飯を食べるお金もない、ところまで行ってない
普通に仕事から帰って来て、今もこれを入力しながら
「今日は特別暑かったから」なんて感じでエビスなんて飲んでるんだから
そういう点において、私は安倍晋三首相には「何だかんだ言ってお疲れ」なんですわ
野党の病状叩きとかのバカらしさに直面しないで良かったよ

安倍さんって、今年66才なんだよね
ということはさ、3回目がある可能性ゼロじゃないんだよね
ウハハハ、さすがにもう他の人が見たいな
3回目も病気で辞める可能性ゼロじゃないからなぁ
ただ、あそうとにかいとすがが首相になるのは勘弁
いなだなんか論外。首相は名誉職じゃないんだよ
これ以上国力落とすのは願い下げだからさ☆

ま、安倍首相お疲れ様でござった☆
もりともかけくろかわさくらをみるかいけんぽうかいせいおきなわこぴぺ…
2020-08-25 (Tue)

当然ながらウィズコロナじゃなくてウィズ自分☆

さて、もうコロナの話題も飽きてきたな。精神的にもウィズコロナ☆まぁ的外れではない個人努力はしているつもりなのでそれ以上にやることもないよ。もし罹患したら治療するのみだね私個人の日常がこういう状況とは、意外に相性が悪くないのかなと思う☆基本アウトドア志向とインドア志向のどちらでもない自分にとって過ごし安ければ、特に「これが絶対にないと」ということもない外に出なければ、中の趣味があり。その逆の趣味もある...

… 続きを読む

さて、もうコロナの話題も飽きてきたな。精神的にもウィズコロナ☆
まぁ的外れではない個人努力はしているつもりなので
それ以上にやることもないよ。もし罹患したら治療するのみだね
私個人の日常がこういう状況とは、意外に相性が悪くないのかなと思う

☆基本アウトドア志向とインドア志向のどちらでもない
自分にとって過ごし安ければ、特に「これが絶対にないと」ということもない
外に出なければ、中の趣味があり。その逆の趣味もある
どちらかにプレッシャーがかかれば、他方をとるだけ

☆旅行が趣味の中に入っていない
行ければ行くという感覚、強くそうしたいと思わないだけだな
まぁ、泊りの旅行なんて最近言ったのは1993年の北海道なんだよや
あれはあれで大変良かった。だからとにかくまた行きたいとも思わないんだよ

☆核となる趣味は自宅で実現できる
これはもう、音楽鑑賞と読書がありますから
外出したいと思う時もあるけど、今はそれを最上位に持ってくる必要もない

☆職業が、テレワークと無縁である
実際に存在するものを右から左に動かす仕事なんでね
これはディスプレイ越しには出来ないからなぁ

仕事帰り、近い距離にある銀座や丸の内にて過ごす
もちろん最大の目的は丸善を始めとする大型書店
自分の楽しみと繋がるお店の開店時間は職場の周囲は全て把握
業務終了の時刻より、適宜コースを変えて行くのもまた一興☆
休日本体は、自宅で静かに過ごすのが基本だから
(行動の重心が休日本体よりも前日夜間にある)
まさにウィズコロナを想定してはいなかったけど、まぁいいか☆

先週は夏休み代わりの連休が続いていたけど
今週も面白い。1日おきに出勤なんだよね
例年は年休の何割かを年度当初に指定するんだが
今年度は春先はあまり入れないで
今月から年度末にかけて適当にばらまいた
(五輪期間は本来年休指定できなかったけど、結局はこうなった)
梅雨時はしんどいこともあったけど、そんなこともう忘れてしまった
今月は3日連続して出勤するパターンが皆無だったよ

楽しみのために我慢して仕事してはいない
頑張った仕事のご褒美として休日を楽しむのでもない
仕事は元々関係ないな。当たり前だけど、休日は自分の楽しみのためにある☆
2020-08-21 (Fri)

今年はもしかしたらヤバいかもなぁ…

って、スポーツのことですよまぁ五輪はどの角度から見ても中止が妥当だと思うよ(久しぶりに五輪なんて入力したなぁ。皆が触れたがらないが、そのままではいられないよ)経済を無理やり回そうとしてダメだったら社会も回らなくなるその後に来るのは何なのか…ラグビーワールドカップ2019日本大会は本当にもうスレスレだったラッキーだったと、過去の出来事に浸ってはいられないな来年2021は女子ラグビーワールドカップ(ニュージーラン...

… 続きを読む

って、スポーツのことですよ
まぁ五輪はどの角度から見ても中止が妥当だと思うよ
(久しぶりに五輪なんて入力したなぁ。皆が触れたがらないが、そのままではいられないよ)
経済を無理やり回そうとしてダメだったら社会も回らなくなる
その後に来るのは何なのか…

ラグビーワールドカップ2019日本大会は本当にもうスレスレだった
ラッキーだったと、過去の出来事に浸ってはいられないな
来年2021は女子ラグビーワールドカップ(ニュージーランド大会)なんだが
今月始めのワールドラグビー (WR。国際統括団体。サッカーのFIFAにあたる) の発表は
「予選は2020年内には開催しない」という何とも歯切れの良くないものだった

Rugby2021.jpg
公式ロゴ。今回からはWomen'sの表記はないよ。いいことだ☆

前回大会の予選リーグの成績で、ある程度来年の参加国は既に決まっている
(男子は昨年の成績で、既に2023フランス大会の出場権を確保してる)
とはいえ女子日本は予選を突破する必要があるんだよ
もちろん突破して欲しいぞ☆

ラグビーの場合はさ、男子にしても女子にしても
少しずつ強くなってきた最初の世代から、次の世代の橋渡しの時期に来てるね
スポーツって、いつまでも同じ顔触れではできない
チームの首脳陣は、本当に悩んでメンバーを決めているのだろうな

以前書いたと思うけど、やはりスポーツって平和だから出来るんだろうなぁ
今も、私自身の周囲を見る限りは、全くもって悲劇的な感じには見えない
でもなぁ現実はこの通りだっての!

母校である明治大学ラグビー部の活動もままならないな
2018年度大学選手権の相手、天理大学は今大変になってる
ライバルの早稲田大学は、今年の夏合宿の中止を発表した
目に見えない微小な敵に、世の中が完膚なきまでやられてしまっている
母校のラグビー部は、春の段階で一旦チームを解散して
部員の約半数(50人)を帰省させていた
先日、今年度の主将である箸本君の談話があったけど
オフ時の門限含む行動範囲もかなり狭めているらしく
(自炊もやってるみたいよ)
彼自身の口から「ここまで厳しくしてもいいのだろうか」なんて言葉まで出ていたよ

高校日本代表でさえ、先発で出られる者はごく僅か
それほど厳しい内部の競争に耐えている彼らに、何とかプレーさせてあげたい☆
今年は本当にグラウンドを駆け回る様を見たい強烈なメンツが揃ってるんでね

まぁ、年齢種目限らず、いつも通りのスポーツ活動は、今年はおそらく厳しいよ
でも、でもなぁ。どうにか何とかなって欲しい気持ちなのさ☆
2020-08-15 (Sat)

コロナもしくはマスク、または馬鹿にされても私は楽しいと思う事柄☆

東京都の報告日毎のコロナ感染陽性者数いかに東京が大都市だからって、ヤバくねぇか?8/01 472  土8/02 292  日8/03 2588/04 3098/05 2638/06 3608/07 4628/08 429  土 8/09 331  日8/10 197  月祝8/11 1888/12 2228/13 2068/14 3898/15 385  土もはや何の因果関係を見出すことが出来ない、ただの数☆傾向とかもちょっと思いつかないし100の位の数字が同じ日は2日連続までとかか、本当に意味がないちな...

… 続きを読む

東京都の報告日毎のコロナ感染陽性者数
いかに東京が大都市だからって、ヤバくねぇか?

8/01 472  土
8/02 292  日
8/03 258
8/04 309
8/05 263
8/06 360
8/07 462
8/08 429  土 
8/09 331  日
8/10 197  月祝
8/11 188
8/12 222
8/13 206
8/14 389
8/15 385  土

もはや何の因果関係を見出すことが出来ない、ただの数☆
傾向とかもちょっと思いつかないし
100の位の数字が同じ日は2日連続までとかか、本当に意味がない

ちなみに今日はお盆休みの土曜日だが
出勤時の東京メトロ東西線は、朝6時43分の乗車だったけど
座れなかったよ。少なくとも私の乗った車両に空席は見つからなかった
最近気づいたのだが、乗換駅でもないところで降車する人が意外にいる
その駅のある場所は、いたって普通の街なんだが
今時土曜日が半ドンの会社なんてないでしょ

そういえば、私の小中学生時代、高校もだが、土曜日は半ドンだった
大学では初めて土曜日が全日休日になったよ
名前の五十音順でクラスを二つに分けただけだから
私はマ行の音で始まる本名なんで、B組だった
A組は土曜日に必修科目があって
私なんかは「良かった~」なんて、志の低さを入学してすぐに露呈していたと記憶している

今思えば、土曜日も授業なんてダサいとか思うけど
終業後のワクワク感はハンパなかったと記憶している
今や、連休の前の晩のみ最高で、あとは付録みたいな状況には当時は堕ちてない☆

日月の連休とかはもう、気絶しそうなくらいの昂奮だったかもな
日曜夜に家族で食べた焼き肉の味が舌に今も残ってるような気がするくらいだ☆
両親の「やっぱり月曜が休みだと余裕だよな~」という言葉も耳に残るよ

で、最近思ったのだが
マスクって残りの人生の全期間に渡って装着しないといけなくなるかもね
ウィルスよりも、自粛警察との戦いの方で疲弊しそうだ。バカラシ!
同僚は、それで心肺能力が高まるかもと宣っていたが
私は暑い中でそれを考えただけで倒れそうだったよ。笑ったけどね☆

日本国内に「じしゅく」という地名はあるのかな
ちょっと検索してみたかったけど、見つからなかったが
もしあったら、そこにある警察署は、じしゅく警察って呼ばれてるのかな
くだらないけど、私はそういう話って大好きなんだよ☆

ついでにこれは、意外に周囲で笑いが取れているんだが
(笑われてるだけかも知れんが)
ライオンというファーストネームの人が、仮にキングさんの婿になるか
養子になるかすると、その人の名前は「ライオンキング」になるのかね
これさ、意外に大人にウケてるんだよ
まぁ恥ずかしい限りだね。でも私は楽しいよ☆
2020-08-11 (Tue)

世間のイライラ感覚に関するフィールドワーク☆

今日は勝手な感想文だ☆先週の木曜日から昨日まで5日連続勤務だったのだが日曜月曜の勤務はなかなかタフだったよ勤務時間内は作業中の小さな怪我防止のためシャツの袖をまくったりはしなかったのだけど今年はマスク着用の影響か、体感温度と息苦しさがかなり厳しい多少のタシにと思い、ここ数年全くやらなかった袖捲りをしたよ外にいる間は、2度ほど「マスクつけて!」と言われたちょっと呼吸が苦しいのであごにずらしたマスクを元...

… 続きを読む

今日は勝手な感想文だ☆

先週の木曜日から昨日まで5日連続勤務だったのだが
日曜月曜の勤務はなかなかタフだったよ
勤務時間内は作業中の小さな怪我防止のため
シャツの袖をまくったりはしなかったのだけど
今年はマスク着用の影響か、体感温度と息苦しさがかなり厳しい
多少のタシにと思い、ここ数年全くやらなかった袖捲りをしたよ

外にいる間は、2度ほど「マスクつけて!」と言われた
ちょっと呼吸が苦しいのであごにずらしたマスクを元に戻すの忘れてたよ
最初に言われた時は相手も苦笑いで「マスクつけてね~☆」って感じだったが
2度目は「マスクつけて!」とキレ気味詰問調の、正直不愉快なものだった

言ってたのは二人とも中年のおばさん
2度目のおばはんは、えらい細身で
服装やメイクも何らかのややコジラセ系健康志向を何となく感じた
率直な感想を言わしてもらうと、正直舌打ちしてみたくなった
(あんたも私もお互いの事情なんて知らんのだということだが)
(でも、おばさん的には「私の事情を斟酌しなさいよ」ということなのかもな。はぁ?)
(自粛警察[JK]の根っこにはそんな不特定多数へのストーカーみたいなのがあるかもな)
(ヒマ人の八つ当たりが、ちと深刻な方向に舵を切り始めたような気がしてるぞ)
何か従来の公衆道徳とはやや隔たりのある口調だと思ったよ
(すぐ横をマスクしていないオッサンが通り過ぎてたのになぁ)

基本的には、自分の家を一歩でも出たら、何が起こっても仕方ないと思うが
個人的には、自分と周囲の境界線が上手く引けてない人もいるってことだろうな
まとも=完璧という意味ではないことを理解できない人もいるってことだ

JK署員って、ヒマなんだろうな
普通は仕事があるなら、あまり周囲のことなんかに構っていられないと思うけど
私なんかは、休日だって周囲のことに対してJK的な関心なんて持てない
自分の趣味嗜好が最優先、生業は最優先事項を支える補助的存在で
それ以外の視点なんてどこにもないよ。人生に余計なものの介入する余地はない☆
私の仮説なんだが、世の中強引に分けるとすれば
JK署員と、そうでない人くらいにしか分けられないんじゃないのかね

なんか全体的におかしい巷の雰囲気になっていることは確かだな
まぁしかし仕事の帰りに、ふわふわのポメラニアンが2匹、目を思い切りクリクリさせて
じゃれあいながらお散歩中のところを見かけて気が晴れたよ☆
JKなんてやる生き物は人間くらいのもんだろう☆

幸さんへ * by quietplace
国にはっきりさせて欲しいことはありますよね
「これは、このような科学的見解から、こうである」
「あれは、現在のところわからず、対策は立てられない」

「わからないのはどこか」これをはっきりさせて欲しい
そうしたうえで
現状での対策は「これをやっとけ」だけでいいのに
そういうことを国はやらないですよね
こういうのは国とは到底言えません

No Subject * by 幸
quietplaceさんの言う通り自己防衛の認識がズレてる方も多くなってきました。
政府の流す情報が曖昧過ぎるからでしょう。此れは諦めも必要かと思います。
とにかく気を付けて過ごして行きましょう。

Comment-close▲

2020-08-06 (Thu)

書籍は実物として、音楽はネット上に置こうと決めてる☆

海外のClassical音楽を扱うショップは、ほぼ毎日ウォッチしているんだな私の場合はPrestoclassical.com (英吉利) とeClassical.com (瑞典) のほぼ2択以前はこれら以外のところも利用していたけど、ネット界も栄枯盛衰はかなり激しいよPrestoの方で、Chandosの40%Offセールをやってるんだがこのレーベルのプロコフィエフ録音は、かなりの勢力だよね大(パパ)ヤルヴィが90年代前半までに大量のレア曲を録音してくれたパパは私のアイ...

… 続きを読む

海外のClassical音楽を扱うショップは、ほぼ毎日ウォッチしているんだな
私の場合はPrestoclassical.com (英吉利) とeClassical.com (瑞典) のほぼ2択
以前はこれら以外のところも利用していたけど、ネット界も栄枯盛衰はかなり激しいよ

Prestoの方で、Chandosの40%Offセールをやってるんだが
このレーベルのプロコフィエフ録音は、かなりの勢力だよね
大(パパ)ヤルヴィが90年代前半までに大量のレア曲を録音してくれた
パパは私のアイドルの一人だよ☆

CD1枚あたりは890円(8月6日現在)なんで
これは必須のアーカイブだと思うのものをダウンロードで購入してる
どこか懐かしいと思いながらだね☆

住まいがとても広くて大きい人ならいいんだけど
まぁ大抵の場合、CDにしろ書籍にしろ手放してる人が殆どでしょう
私も本当は自分の稼ぎで手にしたものは、生涯手放したくはないよ
でもねぇ、住まいの規模と相談するとやっぱそれは無理だよ

書籍とくらべた時に、やはりネット上に存在せしめるものとしては
音楽の方が使い勝手がよいと思う
それは肉眼では見えないものだからね
書籍は、ダウンロードだとどうしても眼精疲労が気になる

私は実在する「もの」としては書籍を残すことに決めてるよ
音楽は、ハードディスクの超々広大な場所にお気に入りのものを置いていく
ダウンロード販売が勢力を得る以前から、本当に楽しい悩みなんだからね!
「自分の趣味で集めて楽しんでいる音楽と本、これらをどうしようか」ってね☆

特にPCオーディオの領域はここ数年は驚異的に洗練されてきているからねぇ☆
私なりに、新しい知識を蓄えて、庵のオーディオ環境は磨いて行きたいもんだね!

本当にやりたいことがいっぱいあり過ぎるね…嬉しい☆
仕事も大事だけど、私にとっては人生の第一ではないよ
仕事って、やる気のあるなしで考えるものじゃないと思うし
第一ではないが、勤務時間は全力投球すれば、それでいいんじゃないの?
趣味の時間の私は、仕事の時間の私よりは少しだけ本物の私に近い、ということかな☆